高寺徹 公式ブログ

おまえもやれる!普通にやれるよ!

高寺徹自己紹介

起業成功の条件は他人にどれだけ任せられるか。

うす。高寺です。

前職の国税局時代、俺がいた部署のNo.2はよく上司に怒られていた。
No.2に配置されるくらいだから能力はそれなりに高い。

けど、怒られていたんよね。

なんでかっていうと、

「要領が悪い」
「仕事が遅い」

から。

よく俺と一緒に夜8時ないし9時まで残業してました。
(民間企業だと当たり前の時間かもしれないけど、我々は公務員なので・・・w)

よく使えない上司っているよね。

なんで使えないのかって言うと、それを一言で言うと、

「誰にでも出来る仕事を他人に任せられないから」

これに尽きます。

全部自分でやろうとする。
全部自分で抱えようとする。

それじゃあいくら時間があっても足らないよね。

だから、自分じゃなくても出来る仕事はどんどん部下に指示を出して分業体制で
どんどん仕事をこなしていく必要があるわけです。

それは起業しても同じ。

「自分以外でも出来ることはどんどん【他力】に任せる」ことが大事。

例えば、俺は不動産業もやってるけども、物件の掃除なんて時間があれば誰でも出来る仕事ですよね。
だから、清掃業務員をアルバイトとして雇って、掃除してもらっているわけ。

そうすることで、空いた時間に自分じゃなきゃ出来ないことをしていくんよ。

「自分以外にでもできることは他人に任せる」

この成功法則と同じ考え方で、

「スキル・知識がある他人に任せる」

ことも重要なことなんやで。

ビジネスとは「悩み解決」です。
相手の悩みを聞いて、sれを解決するような商品・サービスを提供して
その対価としてお金を頂く、その一連のプロセスがビジネスです。

ここで、よく勘違いする人がいるんよね。

「起業したい。でも、売る商品がない」
「まず自分の商品をつくらなきゃ!」

って考える人。

これはこれで真面目で別にいいんだけど、この考え方だとなかなか自分の商品がつくれず、
いつまで経っても起業できないのが現実。

違うんよね!

大事なのは、相手の悩み解決であって、あなたの商品を売ることじゃない。

だから、相手は悩み解決さえ出来ればそれでいいんであって、
あなたが自信を持って相手の悩みを解決できる商品を知っているのであれば、
その商品の販売者を紹介してあげればいい。

つまり、必ずしも自分の商品が必要なのではなく、他人の商品でもいいわけよ。

 

例えば、「英語しゃべれるようになりたいな~」って本気であなたの友達が悩んでいたとするよね。

けど、あなたは英語をしゃべれない。
じゃあダメだな。と諦めたり、「英語しゃべれたらいいよね~」とか適当な事を喋ってたらもったいない。

英語がペラペラな人をそのお友達に紹介してあげればいいんです。
もしそのお友達が「一ヶ月1万円で教えるよ」という契約なのであれば、
あなたは交渉して、集客報酬としてその1万円のうち例えば3割の3000円をもらってもいいわけよ。

ね?

自分の商品じゃなくて他人の商品を扱ってもお金になるでしょ?

別に英語を話せる個人を紹介しなくても、有名な英語スクールの代理店としてあなたが動いてもいいわけ。
そしたら、もっと集客報酬としてキックバックされる金額は上がるかもしれない。

こういう風に、できる人間を探してきたらいいわけよ。

全部自分でやらなくてもいい。
ていうか、そんなの不可能だし。

できる人を探して一緒に組めばいい。
それだけでビジネスは完成しますよ。

「すべて自力でやろうとせず、他力を使う」

この意識を持ってください。
時間には限りがあるんやからね。

高寺徹のメールマガジン

情弱への義
お名前
メールアドレス

関連記事

男女関係なくお金持ちになるには?多くの自営業・起業家が持つべき攻めと守りのバランス。
仕事辞めるタイミング大丈夫?辞めた後の収入源を考えず退職した友達。
実際にはお金を稼いでないのにも関わらず稼いでると言ってコンテンツ販売することの罪
ネットワークビジネスに誘われたが何が詐欺で何が詐欺でないかわからない。何もビジネススキル無くてネットビジネスできるのか不安だ。