高寺徹 公式ブログ

おまえもやれる!普通にやれるよ!

高寺徹自己紹介

元国税局員が教える株式会社設立費用など「個人から会社を起業するには」

うす、高寺です。

今回は、「個人開業から会社を建てるにはどうすればよいか」って話やな。

結論から言えば、「税理士に頼もう」

・・・以上!押忍!(笑)

・・・・

・・

てか、ホンマそれで終わりやで。

自分ではわからへん専門的な税務的知識が必要な部分は信頼できる税理士に頼んで、自分は会社経営に目を向けた方がよっぽど効率がいい。

会社化(法人化)を考えてるんやったら、それなりに売上があがってるはずやし、税理士に頼めるくらいのお金は支払えるはず。

毎月の売上と経費を帳簿に記帳してもらうために、税理士報酬を毎月3~5万円払っていかないとアカンけど、法人格なのにも関わらずその金額を惜しむようじゃあ事業としては成立しているとは言えんしね。

俺も個人事業を廃業して株式会社化した時は、税務手続き面はすべて税理士に頼んだよ。

無題

↑の画像をクリックしてもらえればわかるように、株式会社を設立するのにかかる費用は約35万円。

これらに付随して、法人の印鑑(1万円~3万円)もつくらないとアカンし、1年に1回の決算期には1年の会計をまとめてもらうために約15万円を税理士に支払わなければアカン。

その他、事業内容に合わせて会社の契約書などが必要になる場合があるから、その度に税理士報酬は払わないといけない。

けどまぁ会社建てるくらい気合い入ってるなら、それくらい当たり前に負担するでしょ(笑)

利益主義じゃなく経営者目線で報酬額を抑えてくれる良心的な税理士さんもおるから、知り合いの起業家さんなどクチコミで顧問税理士(通称:サムライ)を雇ったらいいと思うわ。

 

とにかく、社長は会社の売上を上げて、いらない経費は削り、財務体質を健全化させることに注力すべき。

そのためにお金を支払い税理士という「他力」のお世話になり、自分がやるべき経営に時間を費やすべき。

やな!

高寺徹のメールマガジン

情弱への義
お名前
メールアドレス

関連記事

仕事や将来の不安を取り除く方法を探したら逆にもっと不安になる理由
男女関係なくお金持ちになるには?多くの自営業・起業家が持つべき攻めと守りのバランス。
仕事辞めるタイミング大丈夫?辞めた後の収入源を考えず退職した友達。
実際にはお金を稼いでないのにも関わらず稼いでると言ってコンテンツ販売することの罪