高寺徹 公式ブログ

おまえもやれる!普通にやれるよ!

高寺徹自己紹介

起業イベントやネットで副収入・お金を稼ぐ系セミナーの賢い使い方

うす。高寺です。

スキルも人脈も知識も何も持っていない学生や会社員が起業を志した時に、まず疑問に思うのが、「どんな商品を扱ったらいいのかわからない」ということ。

俺も公務員時代に、「仕事を辞めたい!起業するぞ!」と思ったのはええけども、「じゃあどうやってお金を稼いでいくのか」ということについては全くもって知識が無かったんよな。

けど、難しく考えへんくってええから。

 

日本国民全員の悩みと言っていい悩みを攻める

これはもう口酸っぱく言ってるけども、「ビジネス=悩み解決」やねん。

そして最も悩みが多いジャンルトップ3が、ざっくりやけども、

・お金
・人間関係
・健康 

やねん。

このいずれかについて、大半のヤツらはなんらかの悩みを持ってるよな。

だから、これらから攻めるべきやな!って起業当時の俺はそう思ったんよ。

中でも、「お金」に対する欲求は隠してるだけでみんな強いよな。

これは、よく考えへんでもわかると思うねん。

お金を稼ぐスキルさえ身につけたらどうなる?

今の嫌な人間関係もぶった切れるし、健康面も経済的自由・時間的自由を手に入れれば自ずと精神的に自由になり、またお金があるから筋トレジムにも余裕を持って行くことが出来るし、栄養価の高い食物だって摂取することができるやろ?

だから、実は「お金を稼ぐこと」さえクリアすれば、ほとんどの悩みは解決するやん!って思ったわけ。

だからこそ、俺がオススメしているのは、まずお金の稼ぎ方を勉強して実践して、自分ができるようになったことをそのまま自分の研究結果として商品化・コンテンツ化することやねんな。

そのために、マーケティング、セールス、コピーライティングなどなどお金を稼ぐうえで基本的な知識をまずおさえておくべきやねんな。

なぜかっちゅーかったら、それらを確実におさえていくことで、それ自体ひとつひとつのスキルが商品になるわけで、おまえの人生で必ずブレイクスルーが起きるきっかけになるからや。

 

高寺徹が起業したきっかけになったビジネス

じゃあ俺はどうやって最初、自力でお金を稼いだのかって言うたら、「アフィリエイト」や。
アフィリエイトをほんまに簡単に紹介するとしたら、「他人の商品を紹介する、いわば仲介ビジネス」。

2012年の秋ごろから徐々に取り組み始めて、2013年春には当時の俺の月収20万円の2倍以上の金額をアフィリエイトだけで稼ぐまでに成長しとったわ。

 

国税局退職独立後、さらに取り組み始めたビジネス

さっき言うた通り、アフィリエイトビジネスで俺は起業したんやけども、その次に始めたのがそうやってアフィリエイトビジネスで稼いで実際に脱サラしたノウハウを武器(=コンテンツ化)に、「あなたが稼げるようになるまで徹底個別指導サポートします」って形で、コンサルティングサービス(教育サービス)を始めたんよな。

つまり、アフィリエイトビジネスでお金を稼ぐ方法を教える教育事業を始めたわけ。

 

集客に困った挙句、血迷った俺は・・・

けど、そうやって自分の商品・コンテンツは出来たのはええけども、肝心の教える相手、つまりお客さんがおらんかってん・・・

「どうしたもんかな~」って悩んでたんやけど、大したアイデアも出ず、「とりあえず実際に自分でアフィリエイトで稼げるようになってインターネットにすごい可能性があることはわかったから、そのを使って情報発信してお客さんを獲得しよう」と考えたんよな。

そして、「やっぱり見た目のインパクトが大事でしょ」ということでやり出したのが、上半身裸でビジネス講義する動画をYoutubeにアップロードしまくること(笑)

「えぇ~~~い!数勝負や!」っちゅうわけで、Youtubeに講義動画をアップロードし始めたわけ。

けど、よくて数十再生されるくらいで、ほとんど反応なし・・・

動画に対するコメントで、「なんで裸やねん!」って超ごもっともなツッコミが入る始末

・・・

間違いない!w

今から考えたら背筋凍るくらいお寒い感じやってんけども、ただこれでも神様は見てくれているもので、たった1人だけ岩手県在住の大学生からYoutube経由で、「お金の稼ぎ方を教えてくれませんか?」というッセージがきたんよな・・・!

「もちろん!」つって、その人に俺は教え始めたわけ。

当時の俺は相当ご機嫌やったから、「ヨシ!これはいけるぞ!」(←どうかしてる判断w)と思って、その後も続々と上半身裸動画をアップロードしていたんやけども、ただただ無駄に腹筋が割れてる俺の汚い動画が垂れ流されてるだけで、待てど暮らせど反応はナシ。

途中、親に見つかって、「早く消しなさい!恥ずかしいわ!」と電話越しに怒鳴られるハプニングもあってまぁまぁ大変やってんけど、当時の俺は相当努力の方向性を間違えていたようで、まったくもって実らず・・・(笑)

 

人が集まってる場所に行け!

そして、また俺は考えたんやんか。
で、やり出したのが、「お金を稼ぐ系セミナーでの集客」やったんよな。

「なんで初めからこれをせえへんかってん!」って話なんやけど、
当時の俺はただただアフィリエイトで稼げただけの
ビジネスセンスのカケラもないただの情報弱者やったからな・・(笑)

しゃーない、しゃーない。

 

「さぁ集客するぞ!」と考えた時にまず考えないとアカンのは

「どこに自分の商品を欲しがっている人はいるのか?」
「どこにお金を稼ぎたいと思っている人はいるのか?」

ということなんよな。

 

その答えこそ、「お金を稼ぐ系セミナー」やったんよね。

 

※集客にはちょっとしたコツがあります。詳しくはコチラをクリック

 

そこに集まっている人は、お金を稼ぎたいけど稼ぎ方がわからない、これから稼いでいきたいと思っているヤツらばっかり。

そこへすでにネットだけで月数十万円稼いでる人間が行けば、興味を持ってもらえるはず・・・!

そう考えた俺は早速、大阪で開かれた起業セミナーに参加。

その日はセミナーだけじゃなくって懇親会もあってんけど、その場にいた人に声をかけて自分の商品をプレゼンしてんな。

そしたら、次々と「ぜひ教えて欲しい」ってことになって、合計5人にアフィリエイトを教えることになったんよ!

それが俺が今主宰している「情熱義塾」の初期の生徒さんらなんよね。
もちろん、もう今では皆さんアフィリエイトで月3万円~月数十万円まで稼げるようになってるで。

会社辞めて独立した人間もおるわ。

 

つまり、起業イベントやお金を稼げる系セミナーは、そのセミナーに学びに行くのはもちろんのこと、自分の見込み客(将来、自分のお客さんになるだろうと期待できるお客さん)を集める場として活用するのが賢いわけ。

そこに集まっているのは、大半が初心者やから、もしおまえが月3万円でも副業で稼げてたら相手は感動するで。

「スゲェ!」って。

大半の会社では、毎月の給料が月3万円も上がらへんからね。

だから、お金を払ってでも学びたいってヤツは大勢おるわ。

そいつらと仲良くなって、LINE交換やFacebook友達になって親密度を深めたうえで信頼関係を築いて、自分のノウハウを教えてあげて、その対価としてお金を受け取ればいい。

もちろん、ちゃんと指導はしろよ?

言うまでもなく、アフターフォローは必須や。

だから、そのためにはまず自分でネット(オンライン)なりリアル(オフライン)なりで稼ぐことやな。
それが自分の商品になるからな。

 

参考にしてくれ。

ほな、また。

高寺徹のメールマガジン

情弱への義
お名前
メールアドレス

関連記事

男女関係なくお金持ちになるには?多くの自営業・起業家が持つべき攻めと守りのバランス。
仕事辞めるタイミング大丈夫?辞めた後の収入源を考えず退職した友達。
実際にはお金を稼いでないのにも関わらず稼いでると言ってコンテンツ販売することの罪
ネットワークビジネスに誘われたが何が詐欺で何が詐欺でないかわからない。何もビジネススキル無くてネットビジネスできるのか不安だ。