高寺徹 公式ブログ

おまえもやれる!普通にやれるよ!

高寺徹自己紹介

ネットビジネス初心者・素人は結局、何から始めたらいいのか?

うす。高寺です。

「ネットビジネスでお金を稼げる!」っていう情報を仕入れたはいいけど、情報処理が追いつかなくって、「せどり・転売・アフィリエイト・FX・情報発信・・・結局、何から始めたらいいんだぁああ!!」と、たどりついたのがこの記事やろうと思う。

違ってたらゴメン!(笑)

 

危険な質問をする情報弱者たち

で、そんな人に言うとかなアカンのが、「あなた情報弱者だからそのままやったら、情報強者に食われ続けるで」ってこと。

「初心者なんですが、結局、何から始めたらいいんですか?」って聞いちゃうような人って、「私、何も知らないんです。0から教えてくれませんか?」って言ってるってことやろ?

俺が主宰している情熱義塾では、そういうまったくのゼロベースから自分で給料以外にお金を毎月稼げるようになるまで徹底個別で教えていくっていうスタイルをとっているけども、こういう人って投資先を間違えたら、「あらゆる情報商材や高額塾を購入したけど、一つも稼げずに人生変わりませんでした」って状態になってしまうねんな。

例えば、ネットビジネス業界によくあるセールスレターを見てみよか。
特に、注目して欲しいのが、Q&Aの部分や。

WS000056

こんな風に・・・

WS000057

「初心者でも大丈夫なのか?」っていう質問とそれに対する答えを
「よくある質問コーナー」に用意しているセールスレターはむちゃくちゃ多い。

 

情報弱者を騙し食い物にする情報強者の存在

でな?

販売者の立場から考えてみて欲しいねん。

普通、「初心者でも大丈夫ですよ~。あなたにもできますよ~。」って言うと思わへんか?(笑)
そらぁ言うでしょうよ。

なんでかって?

そらぁ売りたいからよ

こういうセールスレターを見て、「あっ。初心者でも大丈夫なんだ!」って購入したらドツボにはまる可能性は高いよな。

まぁこれからビジネスを仕掛けていくってことを考えた時に、一度は「仕掛けられてみる」っていうことを体験してみるのも確かにすごく勉強にはなる。

ただ、この情報ビジネス業界(ネットビジネス業界)は、冒頭で言ったように、

「せどりが稼げますよ~!」
「中国輸入転売が今はめちゃくちゃ旬ですよ~」
「いやいや、そこはFXで一発逆転を狙うべきですよ~」とあらゆる人が情報発信してるから、

せどりで稼げなかったら、輸入転売!
それでダメなら、次はFX!
それでもダメなら、アフィリエイトだ!

って、「もしかしたら、こっちの方が稼げるんじゃないかぁ!?」ってセールスレターの甘い言葉に翻弄されて、次々にお金を払って散財する人が多いわけ。

それは、すべてその人が情報処理弱者で、
1つのことに集中してやり続ける、まずは一点突破を目指す
っていうまったくゼロベースの弱者がとるべき戦略を知らへんことが原因。

 

現実と向き合わない人間はただただ死すのみ

それに加えて、情報ビジネス業界は、セールスレターでは「サポートばっちり!」って書いてるのにも関わらず、商品を販売するなり音信不通になって、販売者と連絡がつかへんようになるっていうのが頻繁に起こるクソ業界なこともあって、まともな販売者に出会うのは稀有っていう異常事態。

だから、お金を払う時は、「この人は本当に信用に足る人物なのか?」「この人が販売してる商品は自分にとって必要なのか?」っていう視点を持つことがすごく重要になってくる。
この思考過程を抜きにすると、途端に上記のようにアレもコレも情報商材を買って散財した結果、なにも人生が変わらなかった。っていう事態になってしまうから。

ただ、このページを見ている人は、「ネットビジネスを始めたいんですけど、結局のところ、何から始めたらいいんですか?」って他人に自分の行動を委ねてしまう情報処理弱者。

誤解を恐れず言えば、自分の頭で考える力がない人種やろう。
ここで腹を立てたら元も子もないから、落ち着いて聞いてな。

これからビジネスを始めようとしている人間から、「何から始めたらいいんですか?」っていう質問が出てくること自体おかしいわけ。
それは、起業家マインドを持ち合わせていないということを露呈しているし、サラリーマンマインドで周りの人間に流されて生きてきた(例えば、周りが就活を始めたから、自分も就活をしよう。など。)ってことを自ら公言しているようなものやから。

この現実と闘わない限り、向き合わない限り、この先一生にわたって騙され続ける
これは間違いない。

 

情報受信者が持つべき視点と情報ビジネス業界の手口

俺がこの情報ビジネス業界に参入して国税を辞めて起業した時にしたことは、ネット上でブログやFacebookなどで情報発信をしている人間に実際に会いに行く、生でその人自身の人間性を見るってこと。

その人が主宰しているセミナーや講座説明会に行くのもヨシ、Facebookから直接メッセージをしてアポ取りするのもヨシ。

どんな手段でもええけど、ネット上なんていくらでも虚構をつくれるわけやから、実際に会って、「発言と行動が一致しているのか」ってことをとにかくよく観察してたよな。

この「実際に自分の目で確かめに行く」っていうことが何かにつけて、超重要なわけ。
現場主義・実物主義ってことやな。

特に、情報ビジネス業界のようなネット上で活動する関係上いくらでもウソをつける環境ならもちろんのこと。

「私が指導した生徒さんはこのノウハウを用いて〇〇万円稼ぎました!」ってネット上では言ってるけど、そのお客様の声はすべてでっち上げで、そのお客様の声出演者自体、ただのアルバイトでネットビジネスとはまったく関係ない人物やったりするわけ。

そうやって、いくらでも虚構をつくれるんよ。

他にも、実績画面だって実際、フォトショップでいくらでもイジれるわけやんか。
そのフォトショップ加工後の画像の金額の数字のフォントサイズが違うかったりな(笑)

フザけたヤツいっぱいおるわけよ。

ネット上では「稼いでます!」ってアピールしてるのに、実際に会ったら、コーヒー代も出せないくらい極貧やったりな。

「なに、コイツ・・・」って話。

情報ビジネス業界には、そういうきな臭いヤツいっぱいおるわけよ。

 

目指すべきは、脱・情報弱者

だから、俺はしきりに
情報弱者から脱出しろ!」って言ってる。
情報発信能力と情報処理能力をつけることは、普段の人間関係・コミュニケーションの改善にもなるし、ニュースを見てる時も裏の本音がわかったりする。

もちろん、今後一切騙されるようなことにはならへん。
それでこそ、独立人と言えるやろう。

俺の情報発信を見ている人にはそうなってもらいたいわけ。

そのための手段として、まず自分でお金を稼ぐ力をつけるってことが重要だ。って俺は、言ってるわけ。

なぜなら、給料以外で自分でお金を稼ぐってことは何を意味するのかって言うと、それは相手といかに信頼関係を結んでいくのか、そしていかに商品をアピールして相手に喜んで納得して買ってもらうのかっていうこととイコールで、つまるところ、それは人間として社会生活をしていくうえですごく重要なことやから。

適切に自分が考えていることを言語化して情報発信し、相手のニーズやウォンツを適切に情報処理して汲み取ることができるようになれば、この先生きていくのに不安を抱えることは一切なくなる。

つまり、情報弱者から脱出するってことは、どれだけ人間の本質を理解できるのか。ってことにかかってくるわけ。

 

言っちゃ悪いが、「ネットビジネス初心者・素人は結局、何から始めたらいいのか?」っていうような質問をしているあなたはそれを鍛えていく必要がある。

っていうのが俺の結論やけど、実際に何から始めたらいいのかっていう質問にまったく答えられてへんから、俺からアドバイスすると、Googleアドセンスがオススメやな。

俺が国税を辞めて起業したきっかけになった稼ぎ方や。

アフィリエイトについては他にも詳しく書いてる記事があるけど、まぁ参考になるのはこの記事ちゃうか?詳しくはコチラをどうぞ。

⇒ 「アフィリエイトで稼げる!」ってのはウソ?ホント?

高寺徹のメールマガジン

情弱への義
お名前
メールアドレス

関連記事

男女関係なくお金持ちになるには?多くの自営業・起業家が持つべき攻めと守りのバランス。
仕事辞めるタイミング大丈夫?辞めた後の収入源を考えず退職した友達。
実際にはお金を稼いでないのにも関わらず稼いでると言ってコンテンツ販売することの罪
ネットワークビジネスに誘われたが何が詐欺で何が詐欺でないかわからない。何もビジネススキル無くてネットビジネスできるのか不安だ。