高寺徹 公式ブログ

おまえもやれる!普通にやれるよ!

高寺徹自己紹介

仕事がうまくいかず自分に自信がない。。どうすればよいか?

うす。高寺です。

俺はよく、「なんでそんな自信満々なの?」って言われる。

それに対して、

「当たり前じゃん。」
「俺、産まれたんだぜ?」
「俺たちが産まれる確率って1400兆分の1なんやで?」
「自信持つでしょ」

とか言うと、ポカーンとされる(笑)

まぁ俺も元から自信満々やったわけじゃなく、過去いろんなことを自分で乗り越えてきたからこそ、
そういう過去があるからこそ、「絶対この先も俺ならやっていけるわ。楽勝楽勝。余裕余裕」って今では、確信めいたものがあるねんな。

それについて詳しくはコチラを。

⇒ 高寺徹の生い立ちを知る

 

ところで、その自信に関してやけども、仕事に対して自信がないって人って多いよな。

例えば、こういった具合に・・・

・仕事で怒られるんじゃないか、気が利かない、と嫌われてしまうのではないかと
思いいつ、周りを気にしておどおどしてしまいます。

・なにをするにも自分じゃ…と思い、常にマイナスのイメージが頭をちらつく。

・「頑張って何かを達成した」「成功した」と云った経験が無く、将来が不安でなりません。「また失敗するのでは」と云う恐怖があります。

・自分の仕事に自信がないからトラブルがあった時に自分に落ち度があったんじゃないかと不安で仕方ない。

起業・副業コンサルタント、またの名を世直し先生として活動していると、「こんな自分を変えたい」と思っている人ってめちゃくちゃ多いことに気づく。

ただここで注意点。

そういう自分に自信がない人って、自信を持てるためにはなんらかの原因があると思い込んでるパターンが多いねん。

「Aという事象があったから、自信が持てる」
例えば、過去に成功体験があったから自信が持てる。とか典型例。

これは、もっともらしい理由づけやけど、実際のところは違うで。
いや、正確には半分正解で半分間違い。ていうか、もっと言えば、自信をもつための答え・解決策なんてない。皆無ってのが現実。すべて自分次第だから。

 

どういうことかって、「自信がないからうまくできない」って考えがちやけど、じゃあ事を為すまでに自信なんて存在していたのか?って言われたらどう?

そんなもんないやろ(笑)

しかも、どういう状態なったら、「俺は自信を持ってる!」と言える?
そんなもんわからなくね?
その自信ってのは正体がない以上、どこまでいっても「根拠がない」もの。
だから、自信を持てない原因はなんなのか?とか考えること悩むことそのものが無意味。

「小さいな成功体験が自信をつくる」
ってよく言われることやし、俺も言う。
そう言える部分ってのは個人的体験含め、実際あるから。

けど、ぶっちゃけそういう成功法則的な自己啓発で言われてることって全部インチキやから!

みんな答えが存在すると思って自分とは外部に解決策を求めていく。
だから、自己啓発本がバカ売れするわけ。

「自分に自信を持つ方法」とかなんとかタイトル付されたものが大量販売されてるけど、
そんな普遍的に誰しもに当てはまる成功法則なんてこの世には存在せえへん。一切存在せえへんで。

「ある!」と思ってるのは、その本の著者やセミナー主催者のビジネスに巻き込まれてるだけ。
ただ、お金と時間を搾取されてるだけに過ぎひん。ナメられてることにそろそろ気づかないとアカンわけ。

本やセミナーで書かれてること言われてることってのは、その著者の個人的な体験を含めた個人的見解に過ぎひんねん。

「これで変わる!」っていう本がどれだけ販売されてきた?セミナーがどれだけ開催されてきた?

それで、どれだけの人間が変わったよ?
たいがい、お金払って満足してるだけやん(笑)

本も読んで本棚にしまって二度と読まへん。
セミナーの内容も1日経てばもう半分以上忘れて、何かに活かされてるんかって聞かれたら即答できへん。

そんなもんやん。
意味あらへんねん。

違う!

答えは、自分の中にあるねん。
外にはない!

つまり、自信ってものが存在するとするならば、自ら行動することでしか得られへん。
自分でやりながら学んで、「できる!」ってのを実感していくほか解決策はない。一切ない!

だから、答えは自分の中にあるって言うてんねん。
こうやったらうまくいくっていう成功法則は自分の中で確立するものや。
それを肌感で感じるその先に自信ってのがある。

・仕事で怒られるんじゃないか、気が利かない、と嫌われてしまうのではないかと
思いいつ、周りを気にしておどおどしてしまいます。

・なにをするにも自分じゃ…と思い、常にマイナスのイメージが頭をちらつく。

・「頑張って何かを達成した」「成功した」と云った経験が無く、将来が不安でなりません。「また失敗するのでは」と云う恐怖があります。

・自分の仕事に自信がないからトラブルがあった時に自分に落ち度があったんじゃないかと不安で仕方ない。

ぶっちゃけこういう類の悩みを抱えて、「自分に自信がない」って言ってる人たちってのは、悩んでる自分に酔ってるだけ。自信がない自分に「どうしよう」ってずっと言っていたいだけ。

他人に大丈夫だよ。って言ってもらいたいメンヘラ情報弱者

そうじゃない!って否定する人の方がどちらかと言えば多いと思う。
人ってのは自分に都合の良い情報しか受け入れへんし、耳の痛い話には耳を貸さへんから。
ただ、そうだと、「大丈夫だよ」ってそっと共感同情してきたヤウにコロッと騙されてお金も時間も搾取されてしまうわけ。

人生を変えたい、自分を変えたい、真に自分に自信を持ちたければ、耳の痛いことに耳を傾け、現実と闘う必要がある。それが出来ないなら、何も変わらない。この先、一生誰かに搾取され続ける人生で終わるだけ。

「仕事に自信がない」ってことだって、同じこと。
仕事ができないんだったら、できてる人間から盗めよ。って話。
そして自分で行動して、その仕事における成功法則を身に着けるほかない。

まぁけど会社の仕事なんて適当にやっておいて、さっさと会社を辞める準備、いつでも辞められる準備をするべき。
つまり、自分で給料以外でお金を稼げる力を身に着けるべきってこと。

自分でお金を稼げるようになれば、自信なんて勝手についてくる。
なにせ、給料以外でお金を稼ぐことなんてまったく想像もしたことがない人間が大半の日本国民なわけやから。

自信をつけたければ、他人とは違うことをやって、それで成果を出すことやな。
それが、手っ取り早い。

だから、俺は起業という選択をしたわけ。

高寺徹のメールマガジン

情弱への義
お名前
メールアドレス

関連記事

長倉顕太・加藤秀視の自己啓発コミュニティ・セミナーに騙されてる23歳女子大生の話 
【対処法】会社・職場の上司・同僚が嫌いすぎて辞めたい!そのための退職⇒起業のススメ。
旦那や彼氏がFXやビジネスで稼ぐことに理解を示してくれない、わかってくれない。っていう時どうするか。
ジムで筋トレ中に他人にしゃべりかけられるのってぶっちゃけウザい・・・