高寺徹 公式ブログ

おまえもやれる!普通にやれるよ!

高寺徹自己紹介

「どうやって売るか」よりも、そもそも売りたい相手かどうか。

そういえば、俺のブログ読者ってまだ童貞やんかぁ。
だから、女の子と接する時に自信がないわけよな。

まぁそんなにって言うんやったら、筆おろしに俺が一緒についていったってもいいで。
俺に風俗代おごれるし、童貞卒業して自信に満ち満ちることもできるし、一石二鳥三鳥なわけでメリットだらけよな。

まぁその場合、もはや筆おろしじゃなく、この俺と一緒の時間と空間を過ごすってのがプライスレスすぎて第一目的になってしまうやろうけどな。

 

そんな風俗ツアーの依頼はいつでも受け付けてます、うす。高寺です。

 

まぁ「風俗」とか聞くと、おまえって情弱やから、ヨダレ垂らして「デヘヘ」つって相当キモいツラしてるんやろうけども、残念やけど、今回はそんな話をしたいんじゃない。

けど、まぁ聞けよ。

 

情熱義塾では、同じジャンルで闘ってる塾生同士を集めて合同コンサルをやってるんよな。
ついこの前、開いたのは「自分のコンテンツをセールスしていく組」のコンサルティングよ。

このセールス組はもうすでに自分のビジネスを持っていて、本業とは別に月に3万円~30万円の収入を得ている人間たち。

まぁ簡単に言えば、まったくの0からどうやって副収入を得ることができるようになったのか、そのお金の稼ぎ方をこれから他人に教えていこうとしている人たちよ。

だから、自分の商品・サービスは、どうやってビジネスを組み立てていくのかを教えるコンサルティングサービス。ってわけな。

「副収入を得たい」
「自分のビジネスを持ちたい」

って考えてる人なんて、この国には山ほどいるし、マーケットは十分にある。

 

(この俺から教わることこそ唯一の成功への道であることを知るこの国の人間は少ない・・狂ってる!w)

 

 

そして、コンサルが始まり、ある一人の30代前半男性の塾生が口を開く。

「この前、話していた男性が『やりたいような・・やりたくないような・・・』っていう反応なんです。」
「そういう人に対して、商品を売るためにはどうすればいいんですか?」

まぁ情弱らしい質問やな。

 

それに対し俺は・・

 

死ね」って言ってやればいいんじゃないですか?

 

そう答えた。
その塾生は苦笑いしてたけど、俺は真剣にそう思ってるからそう答えた。

 

 

本心では稼ぎたいけど煮え切らない態度を見せてグズグズして決断しようとしない人間の相手をしてる時間なんて無駄でしかないし。

 

そんなヤツは、人目を避けてこそこそ袋とじを破くような「スケベー」と同類。

ん?おまえも?しょうがいないなぁ。

(ちなみに俺は人前でも堂々と見てしまう男気あふれる青年。)

 

 

さらに言えば、

「やりたいようなやりたくないような・・」

こんなどっちつかずの発言をしてはぐらかそうとしてる時点で、
相手はこちら側をナメてるやろ?

 

だから、誠意を持って指導する覚悟を示したうえでも、なおそんな態度をとる人間には、
「死ね」という言葉がふさわしい。

自分がいかに素直じゃないか、プライドの塊なのかを知らしめるには、この言葉が最適や。

 

ビジネスってのは結局のところ、「やります」「やりたいです」って自分から言う人間じゃないと稼げないわけだし。

甘えた根性のプライドだけのボンクラは無視したらいい。
自分の商品を売る相手として似つかわしくない。

 

自分の商品を売る相手は、これから深く付き合っていくことになるわけだから自分の仲間そのもの。

そこで聞きたいが、自分をナメてくるような人間を仲間に引き入れたいか?

余裕でNoでしょ。

だから、そんなヤツはシカトでいい。
無理やり、売上つくる必要性なんてよほど金策に困ってる以外、する必要ないから。

俺はいつだって、商品を売る相手は「兄弟になる」意識でいてる。

 

つまり、

「誰でもかれでも売るんじゃなく、相手は選ぶべき」

ってことよ。

 

商品を「買ってもらう」ではなく、「売ってあげる」マインドでいけ。
あくまで選択権はおまえにあるねんで。

 

ほな、また。

高寺徹のメールマガジン

情弱への義
お名前
メールアドレス

関連記事

男女関係なくお金持ちになるには?多くの自営業・起業家が持つべき攻めと守りのバランス。
仕事辞めるタイミング大丈夫?辞めた後の収入源を考えず退職した友達。
実際にはお金を稼いでないのにも関わらず稼いでると言ってコンテンツ販売することの罪
ネットワークビジネスに誘われたが何が詐欺で何が詐欺でないかわからない。何もビジネススキル無くてネットビジネスできるのか不安だ。