高寺徹 公式ブログ

おまえもやれる!普通にやれるよ!

高寺徹自己紹介

「僕は長倉顕太・池田潤・出口汪のコミュニティに入って騙されました。」と言う人と会ってきた。

この記事の続き。

本日二人目の面会。Hさん。ほんまアホばっかや。

今度は30代後半の派遣社員。総額200万円を情報商材・高額塾に突っ込んできたけども、いまだビジネスでの稼ぎゼロ。

ギャグか!なんでそうなるん!?って感じやったけども、話を聞いてわかったわ。原因が。

自己啓発に金を使ってきてんのよな。

これから「人生変えよう」と思ってる人間が自己啓発コンテンツに金使って自己投資という名の自爆にひっかかったタイプやな。

まるで人生が変わるかのようなセールスレターとセールスメルマガにやられちゃったってわけ。

「どこのコミュニティ?」って聞いたら、長倉顕太と池田潤と出口汪のコミュニティらしい。全員自己啓発やね。

自己啓発って自分が成長してるっていう実感がないのが問題なのよ。客観的に見て現実がなんか変わってるかって言ったらそうじゃないから。

 

具体的なセミナー名は知らんけども、なんか顕太がセミナー出席者にこう言うてたみたいやね。

「おい。なんか知ってる顔がおるぞ」

「前回このセミナーに出たことのあるヤツは帰れ!」って。

要は、このセミナーではバックエンドを売るから、もうバックエンドをすでに買ってるヤツだったり、バックエンドの内容を知ってるヤツはセミナー会場から出ていけ。ってこと。なんでかって、会場から出て行った分だけ他の参加者が入って、バックエンドを売れる可能性があるから。

正直や(笑)

それで目が覚めたらしいわ。Hさんは。今まで自己啓発に金をつっこんできたけども、「これは間違いや」と。

まぁビジネスとしてはまっとうな考え方やけどな。やっぱり儲けを考えへんかったら持続できへんし。

まぁ起業家やから。詐欺師(=起業家)やってるわけやから当たり前っちゃー当たり前。ただ、セミナー参加者に「帰れ!」はないかな。

なんか「セミナー参加者全員を変える」とか表上はきれいごと言ってるけども、おまえらどうやって変えんの?って思ってるよ。俺は。その「変える」ってのも、「君、変わったよね」っていう主催者側のさじ加減やし。

人生が変わるってのは、「給料以外で自分で金を稼いだ時」に初めて言えることや。

自己啓発セミナーとかコミュニティでどれだけ話聞いても、なんも変わらへんよ。そんなもんは金稼いだ後で暇つぶしに聞く話。エンタメでしかない。自己啓発的なことは実践と同時並行で進めないと身につかへんね。

 

今日会いに来たHさんは長倉顕太のファイトクラブっていうコミュニティにも入ってたらしいけども、実際の中身は長倉顕太のファンクラブでなんもコンテンツないみたいやね。結果、Hさんにとっては、ウンコクラブになっちまった。と。

ほかの参加者もなんかしら現実が変わったり人生が変わったんかっつったら、ほとんどの人間が別になんも変わってへんかったみたいやわ。

(集めてる人間たちのポテンシャルが低いっていう問題もあるやろうけど)

 

わかってへんアホが多いから何回でも言うけども、人生が変わるってのは「自分で金を稼いでから」言うもんやねん。

俺はもともと公務員やけども、自己啓発本とか自己啓発セミナーでありがたい?話聞いたところで、なんも変わらへんかったからな。ようわかるわ。

あれって、なんか「明日からまた頑張れそう!」とかいう精神論やんか。結局。キレイゴト抜きで、そんな寝ぼけたこと言うてんとさっさと金稼げって話。

 

俺が変わったんは、アフィリエイトで実際に月収40万円達成した時。この時に初めて、思いっきり人生が変わった。見える景色が変わった。

「俺、給料以外で金稼げるんや!」「クソッタレ組織(=国税組織)から脱出できるんや!」ってな。

 

長倉顕太界隈で言うたら、プロデュース先の加藤秀視も同類かな。まぁ2人とも億単位で金稼いで影響力すごいある人や。長倉顕太やったらフォレスト出版社勤務時代に累計1000万部とかビジネス書売ってたって実績があるから、情報弱者どもがそれに釣られてわんさかたかる。

けどその際、覚えとかなアカンことがある。

自己啓発は人を変えることが第一の目的なんじゃなく、自己啓発も自己啓発「ビジネス」っていう「ビジネス」つまり金儲けが第一目的であるということ。

 

で。入ってなんか現実が変わるんかっつたら、ちょっと難しいやろうね。ビジネスもなんもしたことがないヤツは特に。

だって、金稼げる系のコンテンツを主催者側が出されへんねんから。彼らの場合。

まぁ(ビジネスってのが手取り足取り教えるものなのかって言ったらそれは違うとは思うけども。ただマインドしか教えへんかったら、それをビジネスとして実践する場がないんやから、結局なんも変わらへん。受講生はマインドを教わっても「勉強になったな」ってとらえるから、ちゃんと実践の場を用意してあげやなアカン。)

普遍的に誰でもがやれば稼げるっていうコンテンツじゃなくって、長倉顕太やったら元々編集者やねんから出版プロデュースとかベストセラー作家を生み出すための出版塾やったりとか、ビジネス本や自己啓発本を前職時代に担当してたことをバックボーンに置いたセミナー講師業で稼いでる人やから、稼げる系のコンテンツは出されへんし、それを出す意味も本人は見出してない感じ。金稼ぐことだけがすべてじゃない。って価値観かな。それには俺も同感。

(ただし、「金はすべてじゃない」と言いながら共感を得たところで、自己啓発コンテンツを売り儲けてることには目を向けるように。)

 

けど、何回も言うけども、人生が変わる瞬間ってのは、「自分で給料以外で金を稼いだ時」

自己啓発にお金と時間と労力をつっこんでるヤツは今すぐに方向転換した方がええな。それするのは自分で金を稼げるようになった後やから。

ひどい場合、今日のHさんみたいに借金200万円リボ払い毎月8万円ずつ返済っていうライフスタイルになってまうから。

自己啓発的な話を聞いてる暇あったら、とっとと金稼げ

「自分はこれからどうしたいのか?どうなりたいのか?」なんて金稼いで余裕が出てきたら自然と考えるようになるわ。なにせ金稼いで自由になったところで毎日が暇なことに気づくだけやねんからな(笑)

・・・って、Hさんには言うといたわ。まぁとりあえずドンマイお疲れ。

ゴミカスと認めた今日からはじめよう

 

長倉顕太についてはそのパートナーである加藤秀視とともにこちらの記事でも紹介しています。

高寺徹のメールマガジン

情弱への義
お名前
メールアドレス

関連記事

男女関係なくお金持ちになるには?多くの自営業・起業家が持つべき攻めと守りのバランス。
仕事辞めるタイミング大丈夫?辞めた後の収入源を考えず退職した友達。
実際にはお金を稼いでないのにも関わらず稼いでると言ってコンテンツ販売することの罪
ネットワークビジネスに誘われたが何が詐欺で何が詐欺でないかわからない。何もビジネススキル無くてネットビジネスできるのか不安だ。