高寺徹 公式ブログ

おまえもやれる!普通にやれるよ!

高寺徹自己紹介

ネットビジネスで脱サラ成功?した俺から起業を目指すサラリーマンへ

情熱義塾生とか脱サラ目指す人を指導してて思うけどさ。

おまえらすぐにお金にしようとか考えてない?

だから、ビジネスがうまくいかへんねんで。

そんな1ヶ月2ヶ月そこらで、手元に利益で50万円100万円の金が残るビジネスなんてつくれるわけないやん。無理無理。

なに寝ぼけたこと言うてんねん。
ちゃんと起きろ(笑)って思うよ。ホンマ。

そりゃあそうなるように努力はするで?

けど、それとリアルは別や。

そんなに商売甘くない。

「すぐ稼げます」「即金です」っちゅーようなネット広告に騙されすぎやねんな。マジで。情弱やわ。ほんま。

 

今回のジャングル教室でも言ってることやけども、例えば、ピコ太郎みたいなビジネスやってもむなしいだけやねんて。ほんま。

打ち上げ花火みたいなビジネスのことな。
打って散って、ハイサヨナラおつかれ~みたいなビジネスよ。

腰落ち着けて、じっくりビジネスを「育てる」っていう意識で長く続かせんと!

これから起業しようとか考えてるってことは、今から死ぬまでビジネスで飯食っていこうって考えてるってことなんやし?

 

例えば、「自分が稼げたノウハウを教えて稼ぐ」っていうビジネスモデルは、情報ビジネス業界では当たり前やし、もうそこら中でやってるヤツおるわ。

それ自体は別に悪いことじゃない。

重要なんは、やってる本人のマインドや。目には見えへん部分な。

「教える」っていう「教育」それ自体に信念と情熱があるのかどうか。
なかったら、長く続かへんな。仲間も去っていく。

そういうのって結局、売って終わりやねんな。
売る時だけ頑張って、その後サポートなし。クソ。

「刈り取り型のビジネス」やな。
育てるっていう意識がないビジネスモデル。

つまり、目の前の人間を「金」としか思ってへんビジネスモデル。

人脈=金脈みたいな?
それじゃあ信頼関係つくれへんよね。全然ダメ。

目の前の人間を金としか思ってへん自体で、心貧しすぎ。
ビジネスやる資格すらないわ。

富を生むってことは、本来、社会貢献のためにやることや。

ビジネスをやる人間は、「滅私(めっし)」
自分を捨てる。
自分の金と労力と時間を削ってやるもんや。ビジネスっちゅーもんは。

 

だから、やるべきビジネスは「農耕型ビジネスモデル」

長くやる前提でビジネスを組み立てろ。
じゃないと、寂しいぞ。

 

俺はこの情弱への義っちゅー企画を、なんだかんだ3年やってるねんな。
もちろん、これからも続けるよ。死ぬまでやるわ。

これに加えて、この情弱への義のリアルバ-ジョンとして2016年内にも、スタッフとか塾生と一緒に農業ビジネスもスタートさせる。

それも長くやるつもりでいるし、実際そうする。

だって、いつまでもどこの誰がつくったんかわからへん国家、会社組織におんぶに抱っこなんかやってられへんでしょ。

人間生きていくためには、自給自足が基本やんか。
だから、それをやる。
自給自足の村づくり。そのために、俺たちは動く。

「働く」ってことは「生きる」ってことやけども、「労働」ってもんがどんどん組織に使い捨てにされてる今の日本の労働のあり方に対する俺のテーゼを行動で示す。

・・・

まぁそれはここでは置いといて、また話すとして・・・

 

つまり、言いたいことは、すぐに散ってなくなるようなビジネスやっても、他人も自分も幸せにできへんで。ってことや。

・・・

・・・・

っていうことをふまえたところで、今回のジャングル教室を見ていってくれ。

高寺徹のメールマガジン

情弱への義
お名前
メールアドレス

関連記事

情報発信ビジネス起業塾に入るんはええけど・・・
服屋「VIA BUS STOP」の店員が俺に話しかけるやいなや、俺は合計30万円の買い物をしていた件
無駄な出費(浪費)はのちのち後悔・ショックを生む。落ち込む前のお金のマインドセット
将来、自分の仕事がなくなるんじゃないか?と不安に思い悩んでるヤツへ