高寺徹 公式ブログ

おまえもやれる!普通にやれるよ!

高寺徹自己紹介

ネットビジネスはなぜねずみ講と間違われるのか?2ティアアフィリエイトで説明してみた。

ネットビジネスとネットワークビジネスをごっちゃにしてるヤツがおるようやな。

まぁ一緒っちゃー一緒やし、違うっちゃー違うわな。

これは、そもそも論になるけども、ネット使ったビジネスは全部ネットビジネスやんけ!って話で、「ネットビジネス」なんていうカテゴリーなんてそもそも無いねんけども、巷で言われてるところのネットビジネスってのは何やって言うたら。

・アフィリエイトビジネスとか転売ビジネスのようにインターネットを使ってそのへんのサラリーマン個人でもお金を稼げるビジネス

・自分がお金を稼いだノウハウそれ自体に値段をつけてインターネットを使って売るビジネス

ざっくりいうたら、この2つに大別されるな。

このうち、「ネットワークビジネスや!」とか「ねずみ講やんけ!」って批判されてるんは、2つめのネットビジネスやな。

どこがねずみ講なんかって言うたら、ノウハウをどういう形式で売ってるんかって言うたら、セミナーを開いたりして、もちろん個人で売ってる場合もあるねんけども、誰かに紹介してもらったりして売ったりもしてるんよな。

じゃあ例えば、とあるネットを使って稼ぐノウハウをAさんが20万円で売ってたとしようや。

で。例えば、そのノウハウをBさんがCさんに紹介して、Cさんはもうテンション上がっちゃって、「なんなん!これ!月に100万円とか稼いだことないし!これ、ホンマに稼げんの!?俺、会社辞めれるやーん!買う買うー!!」ってなったとしよう。

で、買いましたよ。と。

じゃあBさんはAさんから紹介報酬としていくらかもらえるねん。
例えば、売上20万円のうち3割の6万円とかな?

もうわかるやろ?

これ、ねずみ講やんか。

Aさんの取り分は、20万円-6万円で14万円、Bさんは6万円、Cさんはそのネットで稼ぐノウハウを使って稼げるようになるまで0円やろ?

こういう紹介制度(=アフィリエイトシステム)が当たり前に使われてるから、「ネットビジネス=ねずみ講」って言われてるんよな。一部で。

ただし、ネットビジネスとねずみ講は似てるけども、ちゃうで?

別に無限に子をつくっていってるわけじゃないからな。

まぁ「2ティア報酬制度」ってのを引用しておもしろおかしく説明したから、チェックよろ。

高寺徹のメールマガジン

情弱への義
お名前
メールアドレス

関連記事

情報発信ビジネス起業塾に入るんはええけど・・・
服屋「VIA BUS STOP」の店員が俺に話しかけるやいなや、俺は合計30万円の買い物をしていた件
無駄な出費(浪費)はのちのち後悔・ショックを生む。落ち込む前のお金のマインドセット
将来、自分の仕事がなくなるんじゃないか?と不安に思い悩んでるヤツへ