高寺徹 公式ブログ

おまえもやれる!普通にやれるよ!

高寺徹自己紹介

ネットビジネス、アフィリエイトは怪しい。と言われたらガッツポーズ!

情報浸透率って言葉がある。
知ってるか?

情報がどれだけ浸透してるか。
その割合のことやな。

 

じゃあ、おまえに問題や。

浸透率が高いのかいいか低いのがいいのか。

・・・

・・

正解は、低いほうや。
低いほうがええねん。

なるべく、情報ってのは広く広まってへんほうがええねん。

なんでかって、その方が価値があるからや。
情報ってのは広まってへん、秘匿すればするほど価値を帯びるねん。

当たり前やろ?
誰でも知ってるより、誰も知らん、って方が価値が高いやんか。

常識化してる情報なんかになんの価値もない。

 

じゃあもう1つ質問や。

おまえの周りで、「アフィリエイト」って言葉知ってるヤツはどれだけおる?

で、そのイメージはどんな感じや?

・・・

・・

まぁ都会やったら、アフィリエイトって言葉くらい聞いたことあるはおるやろう。
実際にアフィリエイトビジネスやってる人間もおるかもせーへん。

けど、まぁたいがい「怪しい」って言うやろな。
「ネットで稼ぐとかウソやろ」とかやな。

もしかしたら、

おまえ「俺、アフィリエイトやってんねん」
友達「アフィリエイト?あぁあの怪しいビジネスやろ?」
おまえ「怪しい?」
友達「うん。だって、あれネットワークビジネスみたいなもんやろ?」
おまえ「ちゃうで?俺、実際稼いでるし」
友達「いやいや、いいいい!俺そういうのゴメンやから。厄介ごと巻き込まれるんイヤやねん」

ってな会話をした経験があるかもせえへんわ。

まぁそれはそれでええねん。ほっといたら。

「怪しい」って言葉言われて、ムキになって相手をわからしめようとするんはアホのやることや。
ほっといたらええねん。

なんでかって、「怪しい」って言われてるうちが華やからや。

「怪しい」
「そんなんで稼げんの?」って言われたら、ガッツポーズせなアカン。

そう言われたら、「よしよし、まだイケるな」って思わなアカンねん。

これが逆にやで?

「アフィリエイト?あぁ知ってるで。あれ稼げるよなぁ。俺の周りの人間も当たり前にやってるわー」ってなったらワケが違ってくるねんな。

もう終わりやな。
それこそ、飽和。

アフィリエイトで稼ぐんは激ムズな状況になってるわ。
つまり、情報浸透率が高くなってる状況やな。

「アフィリエイト」っていう情報に価値がなくなってる状況や。

これじゃあ少なくとも、その場所においては、「アフィリエイトで稼ぐ方法を売る」っていうビジネスは出来へん。

この意味で、「情報ってのは隠してナンボ、隠してこそ価値が増す」ってことが言えるけども、俺が今住んでる千葉県香取郡多古町に「アフィリエイト」って言葉を知ってる人間は皆無や。

知ってるどころか聞いたことすら無いな。

なにせ、9割以上ガラケーやから。
ネットすらつながってへん。そんな地域。

ここにおいては、情報浸透率はすげー低い。
だからこそ、チャンスがある。

情報がないねんから。

もちろん、ジジババに「アフィリエイトで稼ぐ方法」なんて売れるわけがない。

そんなアホなことはやるつもりはない。

ちゃうねん!

 

情報がないってことは情報に無頓着ってことや。

だから、こっちの方が持ってる情報量は多いわけやから、それを駆使してビジネスがつくれる可能性があるやろ?

なにせ、俺たちにとって当たり前の情報も多古町の人間からしたら、「え?なにそれ?」って言葉ばっかりなんやから。

都会は逆やんか。
情報をこれでもか!ってくらい浴びてるやろ?
太陽光線以上に浴びてるわ。

だから、ビジネス的には厳しい。
情報浸透率が高いから。

だから、俺は田舎でのビジネスに可能性を持って見てる。

田舎暮らしのメリットはこういうところにあるかも・・

高寺徹のメールマガジン

情弱への義
お名前
メールアドレス

関連記事

情報発信ビジネス起業塾に入るんはええけど・・・
服屋「VIA BUS STOP」の店員が俺に話しかけるやいなや、俺は合計30万円の買い物をしていた件
無駄な出費(浪費)はのちのち後悔・ショックを生む。落ち込む前のお金のマインドセット
将来、自分の仕事がなくなるんじゃないか?と不安に思い悩んでるヤツへ