高寺徹 公式ブログ

おまえもやれる!普通にやれるよ!

高寺徹自己紹介

Facebook、LINE友達のリア充っぷりに嫉妬している。うざいっていうか、もはやつらい・・?

周りと比べてまうんよな。どうしても。

「いいなー」とか「うらやましいなー」とか。

ネットが発達して、それこそSNSとか出てきて個人の日常・非日常を面に出せるようになってから、余計にそうなってきた。

面に出てるもんなんて、しょせんファンタジーやのにな。
ありのままの事実やと思ってまうねん。

例えばさ。
友達のFacebookにアメリカニューヨークに行ってる写真がアップロードされてるとしようや。

その日は平日や。
一般人は会社に行って、朝から晩まで働いてる。それがデフォルト。

けど、スマホ片手でいじりながら何気なくいつものようにFacebook見てて目に飛び込んできたんは、毎日やりたくもない仕事をして会社に忠誠を誓ってるふりして我慢しながら生きてる自分とは対照的な、満面の笑みですっげーハッピーな写真。

そういうの見たら思うんよな。

「あ。コイツ、幸せそうやなー」
「人生、悩みなんかないんやろなー」
「将来の不安とか感じひんねやろなー」って。

そんなことあらへんのに。
勘違い、勘違いや!って話やねんけども。

SNSなんてお互いに勘違いさせ合ってるメディアなんよね。

人間って必ずウソつくねん。
自分を良く見せようとする生き物や。

考えてみろよ。

SNSでアップロードするのなんて、非日常やから、やで?

ニューヨークにずっと住んでてそれが当たり前の人間はそれが当たり前やねんから、「ニューヨークに自分がいること」なんて話題にならへんやん。

人が話題にするのは、珍しいもんや。たいがい、そう。
そうそうないことやからこそ、アピールするねん。他人に、な。

「楽しー!」とかいうてな。

非日常やねん。自分にとって。

つまり、日常、普段は別にそれほど楽しくないってことやんか。
珍しいからこそ、表に出して表現するわけ。

そういうもんや。

だから、気にしたらアカンねん。

自分とそいつを比べて、「自分は不幸だ」とか思ったらアカンわけ。

実際、悩みがないヤツなんておらんねんから。

高寺徹のメールマガジン

情弱への義
お名前
メールアドレス

関連記事

情報発信ビジネス起業塾に入るんはええけど・・・
服屋「VIA BUS STOP」の店員が俺に話しかけるやいなや、俺は合計30万円の買い物をしていた件
無駄な出費(浪費)はのちのち後悔・ショックを生む。落ち込む前のお金のマインドセット
将来、自分の仕事がなくなるんじゃないか?と不安に思い悩んでるヤツへ