高寺徹 公式ブログ

おまえもやれる!普通にやれるよ!

高寺徹自己紹介

旦那や彼氏がFXやビジネスで稼ぐことに理解を示してくれない、わかってくれない。っていう時どうするか。

人に教える仕事をしてたら、日々いろんな人に出会う。

全員に共通することは、「お金を稼ぎたい」って思ってることやけども、
当然、人それぞれ考え方も悩みも大事にしてることも違う。

 

8月5日から2泊3日で東京出張やってんけども、その翌日の8月6日は、FX教育事業の対面相談会(対面コンサルティングサポート)の日やってんな。

そこで、ある主婦の方(以下Aさんとしよう)の現状を聞いてたんよ。

「なかなかFXを勉強する時間がとれない」ってことを悩んでてな。

けど、これに関してはもう本人もある程度なんて言われるかわかってたはず。

「時間はあるものじゃなくつくるものやから、他やってることを捨てて毎日に余白をつくらんとダメですねー」って話でね。

 

ただ話はこれで終わらず、それよりもずっと悩んでることがあるらしく・・・

それは・・・

自分がFXを勉強していることに対する旦那さんの理解の浅さ。

 

Aさんは外へ正社員だったりパートだったり働きには出てなくって、
家事とか他の用事を済ませる以外は、FXの勉強に時間をあててるそう。

それに対して、旦那さんが、

「ここ数ヶ月勉強してるようやけども、FXで稼げてないようだし、やめたら?」といった具合に、
横やりを入れてくるんやと。

自分がやりたいと思ってやってること頑張ってることを否定される・・・
これはストレスやわ・・・!!

 

「なぜ、こっちは『やりたい』と思ってやってるのに、『やるな』と言ってくるの!黙っておいて欲しい。」
「私はあなたの奴隷じゃない。命令しないで!」
「なんでわかってくれないの。パートナーがしたいことすることちょっとくらい応援してくれたっていいじゃない!」
「確かに結婚当初は自分がFXをやるなんて考えもしなかったけど、家庭に入って初めてわかることもあるし、考え方が変わることだってある。」
「ずっと家にいても暇。自分もイチ大人なのに社会と接点を持ててる気がしない。空いた時間を有効活用したい」

そんな気持ちが出てくるのは当然。

 

それと、このAさん、、、自分を責めててな?

確かに自分は、「FXで勝ちたい、勝てるようになりたい」って思ってる。

けど、理想と現実にはギャップがあるのが常で、実際には、FXで勝つどころか勉強する時間すらとれてない・・・

「確かに自分は確実に前進できているのかと言えばわからない」
「今のご時世、専業主婦は珍しく、少なくともパートに出てても、なんらおかしくない」
「けど、自分はこんな暑い日でも涼しい部屋でFXのお勉強」
「そして、そのFXの肝心な成果は?と言えば、いまだゼロ」

その現実を直視した時に、、、

「ただただ旦那さんに迷惑をかけてしまってるだけじゃないのか?」
「余計な心配をかけさせてしまってるだけじゃないのか?」
「理想の自分はもっとやれてるはずなのに、現実はちっとも動いていない」

そんな自分の行いに罪悪感を感じてしまってるわけ。

旦那さんを家に一人残して、自分はFXの勉強会に出席・・っていう行動に対しても、ね。

こういうやりとりをしてたら、相談会途中、感極まって涙を流してたくらいやから、相当自分で背負い込んで悩んでたんやと思うわ。

 

まぁ誰にも相談できへんしな。
いや、正確に言うと、相談できる人間がすぐそばに、すぐ周りにおらんねんな。

そりゃあ相談会とかコンサルティング会、あるいはセミナーなんかに参加したら、「FXで稼ぎたい」って思ってる人が集まるコミュニティなわけで当然、FX仲間はおるんやけども、それはいわば非日常であって、じゃあその非日常的時間が終わって、自分の日常に戻った時、今日常で、付き合ってる人間関係(=環境)の中にFXの勉強の話で盛り上がったり相談し合ったりできる仲の人間はまずおらん

ましてや、特に女性の場合、そんな自分の力で稼ぐ!って気概を持った人は圧倒的少数派

だから、自分を責めてしまうんよな。孤独で。

 

ただ、旦那さんの気持ちもわかるんよな。

「嫁がFXを勉強して、トレードでお金を増やそうとしてる」と聞いたら、止めたくなる気持ちもわかる。

やっぱり、FXって聞いあら、どうしても散財する、お金がなくなっていくっていうイメージやからね。

いくら、「損切りラインをしっかり設定して、資金管理もしっかりするから大丈夫」と言っても、やっぱり不安。

「夫婦・家庭の未来のためのお金がなくなるんじゃないか?」って思ってしまうよね。どうしても。

人間って変化があったら、防衛本能からすぐに最悪のシナリオを頭に描くようにできてるし。

「できればFXにはもうこれ以上、手を出さないで欲しい」って思うのは当然と言えば当然なんだよね。

 

ただそれでも、「FXをやりたい!」と思った時、旦那さんを説得するのはなかなか難しい。

いくら夫婦とはいえ、生まれも生い立ちも遺伝子違う他人のことをコントロールするなんてことはほぼ不可能と言っていい。

FXっていうことが、会社給料ではなく自分の力でお金を稼ぐということがどういうことなのかを、そして今、勉強しているFXのトレード手法が散財するものではないということを理解してもらい、納得してもらうことは至難の業。

なぜなら、相手はFXに対してまったく興味がないし、会社給料でしか稼いだ経験がない一般サラリーマン。

共通言語がまったくない中で、「FXでお金を稼ぐ、稼ぎたい」という価値観を共有することは極めて難しい。

 

ただ、それでも、家族会議の場は持った方がいいやろね。

例えば、「いついつまでに稼げるようにならなければ、やめる」といったように期限付きでFXの勉強をするとか、専業トレーダーになるために必要な勉強時間として目安とされてる1800時間は最低でも勉強してそれで稼げるようにならなかったら、「センスがなかったんだな」と思ってあきらめる。とか。

鼻から、「話してもどうせわからんし、話さへん」って態度をとってしまっては、お金を稼ぐっていうことを優先してしまったばっかりに、もっと大事であろう夫婦関係というものが壊れてしまう恐れもあるからね。

「夫婦で家族で楽しむためのお金を増やしたい」って思って始めたのに、もし、「価値観が違う!}つって離婚とかなってもうたら、本末転倒やんか。

それは避けたほうがいい。

 

ただ、「旦那さんが、自分でお金を稼ぐことに対して理解を示してくれない」ということに対する総括的な回答としては、それに骨を折り、四苦八苦するくらいなら、ぶつくさ横から愚痴というか文句というかぼやきをつぶやかれたとしても、「あ、またなんか言ってるなぁ~」って程度でかわすべき。

つまり、自分を強く律するということ。

いくらトレードの手法が正しくても、横からぶつくさ言われてイライラしてたら、勝てるもんも勝てるようにならんからね。

 

これは、FXに限らずビジネスでも同じ。

ネットビジネス、例えば、「アフィリエイトとか転売ビジネスで稼ぎたい!」って思った時に、もしかしたらパートナーの理解を得られへんかもしれへん。

その時、愛する旦那さんや大事な彼氏にきちんと自分の考えを話すことは大事やな。

けど、最終的に完全に理解してもらおうとすると疲れるだけやから、それはやめたほうがええで。

たとえ、今は「できることならFXとかビジネスとか、やめて欲しいな」って思われてたとしても、自分の大事なパートナーが一生懸命頑張ってるところ見たら、きっと応援してくれるはず。

それでいつまで経っても応援してくれなかったら、その関係ってどうなの?自分の人生として納得感が持てる幸せな関係なの?って話になるしね。

 

だから、相手に許してくれる器を用意するんじゃなく、文句言われてもへこたれないように自分を強く持つべき。自分の器を広げることに注力したほうがいい。

その自分の精神性を上げるってことに注力するプロセスは、やがてお金に変わってくるから。

ビジネスもFXも人が介在する以上、それは人の心理と密接に関係してる。
それに対して、「精神性が高い」ということは、相手が何を考えてるか、相手の心理が読めるっていうことを意味するから。

 

だから、最終的には「自分はどうあるか」がカギを握る。

俺としては、なんやらかんやら言われても絶対に結果を出してもらいたいし、「どうだ!見たか!」って旦那さんなり彼氏さんなりに見せつけてもらいたいところやわ(笑)

幸運を祈る。

ほな、また!

高寺徹のメールマガジン

情弱への義
お名前
メールアドレス

関連記事

長倉顕太・加藤秀視の自己啓発コミュニティ・セミナーに騙されてる23歳女子大生の話 
【対処法】会社・職場の上司・同僚が嫌いすぎて辞めたい!そのための退職⇒起業のススメ。
ジムで筋トレ中に他人にしゃべりかけられるのってぶっちゃけウザい・・・
「原田翔太 逮捕」はウソ。写真撮影会と創造的破壊マーケティングの凄み、と。