高寺徹 公式ブログ

おまえもやれる!普通にやれるよ!

高寺徹自己紹介

企画書を出版社に出して本を売ろうかと思ったが自己買いを要求され結果的に自費出版と変わらなかった話

自費出版ブランディング、まったく意味ないってことはないやろな。
本出版、それも電子書籍じゃなくって紙の出版をしてるってだけで、「マジか。すげー」ってなるし、その分野の専門家に見えるから。

以前、俺も本出そうかなと思って企画書を出版社に送って一社だけ拾ってもらったって経験があって、その出版社社長から電話があって、「おもしろい!是非うちでやらせてください」「初版は2000部で」って言われて、まだその時は第1章の1節しか書いてへんかったから、「全章書いてくれ」って言われてな。

そこから2週間で要求された10万字を超えて、全章書き終えたのカウントしたら11万字くらい結果的に書いてさ。
それで出版社に送ってん。「できましたー」って。

じゃあ最初、印刷費とか書店流通とかすべての必要を出版社が負担する企画出版やったはずが、
話ひっくり返してきて、「1000部自分で買い取ってくれませんか?」って言われてな?

「ふぁ!?」
「それ、最初言うてたんと、話違うくね?」

ってなってさ。

それで信用置けんくなって、やめたんよ。出版。

「結局、それ自費出版と変わらんやん」って話でね。

 

ただし、学んだこともある。

それは、本出すだけじゃなくって、書店に流通させて、出版社にも広告宣伝してもらってってことを考えるんなら、「自分で本を買う」っていう著者の覚悟は必要になってくる。

この怪しい怪しい情報ビジネス業界でも、与沢翼・小玉歩ともに自分で本買いまくってるから。
小玉歩の場合、「クビでも年収1億円」って本を出した時に、「10万部達成!」つってベストセラー作家気取ってるけども、うち何万部も自分で買ってるからね。

(実際アルバイト雇って、そいつに一人何十冊・何百冊って買わせてる。ってウラはとれている。)

まぁそれだけ資金が潤沢にあるってのはスゴイけども(何万部とか買うって1冊1500円として、それだけで数千万円やからな。)、「俺、めっちゃ本売れてんねーん(実際はほとんど自分で買ってんねんけどな)」っていう詐欺マーケティングしても、結局ほとんど売れへんのが今の出版業界。ってことは念頭に置いといたほうがええやろな。

 

さて、お蔵入りになってる俺の本が世の中に出回る時ってのは来るんかな。
本のタイトルとかけっこう衝撃的でおもしろいと個人的には思ってるけども。

まぁその時が来たら、全国の書店行脚して、「本出すからには、徹底的に売る」ってマインドで事に当たろうと思う。

高寺徹のメールマガジン

情弱への義
お名前
メールアドレス

関連記事

かわさきまりこは怪しい?コンサルティング受けてみたら詐欺師かどうかわかるよ。
仕事や将来の不安を取り除く方法を探したら逆にもっと不安になる理由
コンテンツ販売時にキレイに見せなければならないという謎の強迫観念があるが・・
自分の想像以上のスケールの仕事に委縮し自信をなくしそうになった時のマインドセット