高寺徹 公式ブログ

おまえもやれる!普通にやれるよ!

高寺徹自己紹介

仮想通貨の税金はバレる?発生するタイミングは?所得20万円以下は申告義務なし。

仮想通貨、盛り上がっとんな!

金入れて寝かしてるだけで金増えるってイカれてるな。って思うし、そんなウワサ耳にしたら、そらぁ乗っかるよな。特に周りの人間が買ってたら、「じゃあ俺も買おっかな」ってな。寝て起きたら、資産が2倍になってました。ってガチであるからな。

仮想通貨でセミリタイア狙ってるヤツもおるくらいかなり熱心に取り組んでるわ。ただ、そんな人生の変え方は俺はオススメしやんけどね。

まぁそれについてはまた後日書くとして・・・

今回は仮想通貨で儲けるんはええけども、儲けた分はしっかり税金を払わなアカンわけで、税金面について語っていこうかなと思う。元国税局員やしな。税金に関しては、一般人よりも知ってるんで。

 

仮想通貨で得た利益にかかってくる税金

国税局側の視点で言うと、仮想通貨で利益を得てる人間はむちゃくちゃ税金とりやすいんよな。格好の獲物やで。だって、確実に日本の銀行に着金するからな。国税は全国民の銀行通帳を見れるから、そこに一回でも入金があれば、仮想通貨で稼いでることはすぐにバレる。

だから、なんとかバレへん方法を考えるくらいやったら、まともに確定申告した方がええやろな。仮想通貨取引をしてることが一回でもわかったら、どのタイミングで買って、どのタイミングで売ってて、どのタイミングで銀行に着金させてるか、そして、現金化しなくても、例えばビットコインのままで何を買ってるかまでも追いかけられるし。税務調査時にその取引画面見たら一発でわかるから、まぁ脱税なんて諦めた方がええで。

ってわけで、確定申告する前提で話を進めていくわな。

仮想通貨で得た利益ってのは、基本的には雑所得ってカテゴリーに分類されるんよな。だから、確定申告書の「雑所得」欄に記入して申告納税することになる。

(ここからは堅苦しい税金の話になるから、ぶっちゃけ確定申告するなら税理士に頼んだ方が無難。)

 

仮想通貨で稼いだら、税金はいくらかかってくるの?

仮想通貨の代表格「ビットコイン」を例にとって、利益とそれに対する税率を記した表があるから、貼っとくな。これや。

これは所得税(国税)だけの表やな。これ以外にも、住民税(地方税)が別途10%かかってくるから、利益4000万円超やったら、最大55%の税金を支払わなアカンことになるな。つまり、たとえ儲かっても半分以上の金は、国や地方に持っていかれるってことやな。

えげつないやろ?(笑)

Twitterとか見てたら、「仮想通貨で億り人(投資で億万長者になった人の呼称)や!」って言うてるヤツおるけども、実際ホンマに億り人になろうと思ったら、仮想通貨で2億円以上の利益を出さな億り人にはなられへんのよな。

じゃあここで、仮想通貨取引における「利益」ってのはなんなの?って疑問が出てくると思うねんけども、その解釈については、国税庁が発表してるで。コレを見てくれ。と言っても、計算方法はかなりややこしいから、さっきもちらっと書いた通り、税理士に任せたほうがええで。間違えて確定申告して、後から、「あなた計算方法間違ってますよ?」って税務署に言われて、泣く泣く延滞税と追徴課税含めた余分な税金払うのアホらしいしな。

ただし、雑所得で20万円を下回る場合は、確定申告義務はないで。つまり、1年間(1月1日~12月31日まで)の雑所得が20万円以上でないならば、確定申告をする必要はない。まぁ多くは余裕で超えるやろうから、関係ないと思うけどな。

今後はいずれ、FXみたく税率一律20%ってことになるかもしれへんけどな。この課税方式は専門用語で分離課税って言うねんけども、現行の法律では総合課税やから、一般所得税率が適用されて↑の通り、鬼高い税率を払うハメになってるってわけ。

 

仮想通貨の税金はどのタイミングで発生するのか?

現行の法律(2018年1月現在)では、実際に法定通貨(日本円など)やモノ、別の仮想通貨に換えた時に税金が発生するで。つまり、仮想通貨の含み益には課税されへんってことやな。

まとめると・・・

仮想通貨の税金が発生する場合

・仮想通貨から仮想通貨に交換する場合
・仮想通貨を現金化した場合
・仮想通貨で商品を購入した場合

 

節税方法は何かある?

ここまで説明してきて、今から一般サラリーマン層が仮想通貨で億り人になるのは相当長い道のりってことがわかったんちゃうかな。

こんなに税金で持ってかれるってことがわかったら萎えるよな(笑)

じゃあ普通なんとか節税したい!って考えるよな。どこの誰が国に税金持ってかれて快感覚えんねん。って話やしな。

直接の知り合いではないねんけども、知人を介して間接的に存在だけ知ってる名古屋在住の年商8000億円の節約コンサルティング会社を経営する経営者(役員報酬月収10億円というトンデモ経営者)は特殊な節税スキームで日本に1円たりとも税金を払ってへんねんけども、彼やったら仮想通貨に関しても税金0円にできるかもな(笑)

けど、この記事を読んでる人はそんな人脈もあるわけがないやろうから、マトモなやり方で節税方法を考えてみよう。

 

仮想通貨としてずっと持ち続ける方法

俺も仮想通貨は持ってるけども、俺はこの方法やな。そもそも、仮想通貨で億り人になるとか考えてへんし、余剰資金をブッ込んでるだけやから、どうなろうがどうでもいい。もちろん、増えた方がうれしいけども、完全に溶けてしまっても特段問題はない。

仮想通貨を実際に買ってみることでそのセカイを肌身で体験して、視野を広げるってことが第一の目的やからな。

けど、値上がりしたら、どこかで利確(仮想通貨を売ることで利益確定させること)する必要はあるわけで、じゃあどう利確していくかって言うたら、ちょっとずつ利確していけばいいんちゃうか?って考え方がある。

まぁ仮想通貨が今後どこまで盛り上がるかってのはあるけども、ちょっとずつ利確させてその都度小さく税金払いながらってのはある意味賢いやり方の一つかもな。

 

個人事業主として開業届を出して事業所得として申告

ようやく日本でも一般サラリーマンが副業することが認められてきてるから、いっそのこと個人事業開業届を管轄の税務署に提出して、仮想通貨事業者登録してもええかもな。

その場合のメリットとしては、仮想通貨で利益を出すまでに使った経費を計上できることやな。

白色申告者と青色申告者ってのがあるねんけども、税金的には所得から差し引きできる青色申告特別控除額65万円がある青色申告の方が有利やけどもその分追加して税務署に資料を提出しやなアカンから、できる限り税務署にこちら側の情報を提供したくない!って場合は白色申告でいくべきやろな。

まぁそのへんは個人の判断やし税理士と相談したらええと思うねんども、いずれにしろ、個人事業主として登録したら、経費計上できるから税負担を軽くできるで。

経費に計上できる支出は例えば、こんなものやな。

・仮想通貨取引所での取引手数料
・仮想通貨取引所への入出金手数料(振込手数料など)
・仮想通貨投資に関する書籍代・新聞代
・仮想通貨投資の有料情報(有料メルマガや有料サイトの利用料など)
・セミナーへの参加費用やそれにかかる交通費や宿泊費
・筆記用具代
・切手代
・パソコン、インターネット代
・家賃(自宅、事務所を問わない)
・水道光熱費
・スマホ代

こんな感じかな。とにかく、仮想通貨「事業」に関係するものやったらなんでも入れられるで。

もしおまえが仮想通貨コンサルタントとして活動するなら、会員さんとの会食費も接待交際費として計上できるしな。

 

損失を出してる仮想通貨と利益を出してる仮想通貨を合算して利益額(損失額)を確定させる方法

さっきも言うたけども、仮想通貨取引は仮想通貨を売って利確させたところで税金が発生する

けど、それは1年トータルで仮想通貨での利益が発生していなければ税金申告義務はない。

だから、複数の仮想通貨を持ってるんやったら損失を出してて、「もうこの仮想通貨は上がる見込みがないな」って仮想通貨があったら、それをまず損失確定させて、利益を出してる仮想通貨と合算相殺させることで利益を圧縮して、税金を軽く抑えるって方法もあるな。

 

毎年、所得が20万円を越えない範囲で利確させて出金する方法

これはさっきもちらっと言ったことやけども、雑所得が20万円を超えなければ確定申告義務はない

だから、所得20万円を超えない範囲でちょっとずつ利確させて出金させる方法はひとつアリやろな。

 

自分の税金を計算したい!

具体的に自分は仮想通貨取引によってどれほどの税金が発生するのかを知りたい場合はネット上の会計ツールを利用すればいい。

いくつか紹介しとくわな。

 

個人の税金計算@かいけいページ

ざっと自分がどれだけ税金を払わなあかんのか知るためにはこれはええやろな。

 

仮想通貨取引に詳しい税理士に依頼する

このサイトでもどこでもええけども、まぁぶっちゃけプロに依頼するのが一番やで。

 

「Keiry」- 無料で使える損益計算サービス

取引所はPoloniexとZaif、ウォレットはTOREZR、Copayに限られるらしいけども、その中のいずれかで仮想通貨取引してるんやったら、取引履歴を参考に損益計算してくれるみたいやな。

 

まとめ

ここまで仮想通貨の税金面について語ってきたけども、まぁ俺はどうなってもいい余剰資金でしか投資せえへん手前、数年単位で完全放置・長期保有して、どこかで利確させたら顧問税理士に相談して、普通に税金納めるかな。

とりあえずひとつ言えることは、国税の調査能力はナメへんほうがええよ。ってことやな。

利確させたら入れられる経費は入れたらええけども、しっかり確定申告して税金払ったほうが賢明やな。

ほな、また。

高寺徹のメールマガジン

情弱への義
お名前
メールアドレス

関連記事

WADAX(ワダックス)サーバーへのWordPress(ワードプレス)ブログ移転・引っ越し作業まとめ
wpxサーバー料金を支払い忘れ期限切れ。ブログが開けなくなった・・・解決策は?
両親も学校教師も自分が正しいと思うことを子供に押し付ける。それが日本の教育の問題かな。
タイバンコク・ドンムアン空港で電源があるレストラン・カフェ