高寺徹 公式ブログ

おまえもやれる!普通にやれるよ!

高寺徹自己紹介

起業・副業、お金を稼ぐ系情報発信ビジネスでマトモに稼ぐための視点

うす、高寺です。

今回は、Youtube、Twitter、Facebook、ブログ、なんでもええけども、情報発信して情報商材やコンサルティングコミュニティ、セミナーの販売につなげることを考えてるおまえらに向けた記事や。

顔や名前を出してる出してない関係なく、

「やっぱり、自由なライフスタイルをアピールしないと集客できないんじゃないですか?」

「実際に稼いでる金額を偽ったり、本当はまったく稼げていないのに稼いでるフリしないと売れないんじゃないですか?」

ってことを、起業・副業をすすめる情報発信ビジネスを展開している起業家からちょくちょく耳にする。

けど、結論から言って、そんなことは断じてない。それは勘違いや。

やし、そうやって嘘ついたり、しきりに「自由になりましょう」と煽ってみたり、高級料理に高級ホテル、高級車に高級ブランドと、金、金アピールする情報発信はデメリット、リスクもあるねんな。

今回は、おまえらの情報発信ビジネスをまっとうなビジネスとして成立させるための視点について書いていくで。最後まで、読んでいってな。

 

「楽に、簡単に、すぐに稼げる」と情報発信して、情報商材や高額塾を販売する必要はない!

2019年夏、この今でも、何千万何億という広告費を投入して、一度に大量のメルマガリストを獲得して、短期間のうちに高額塾を次々に販売していく手法「プロダクトローンチ」で、詐欺をはたらき、売上を立ててるバカどもがおる。

それらを見て、「俺もあんな風にしないと、売上をつくることってできへんのかなぁ」って、もしかしたらおまえら思ってるかもしれへんな。

まぁ情報詐欺師になってネット上で思いっきり叩かれたかったら、おおいにやってくれたらええけども、人のために役に立ちたい!って思って、情報発信してる、あるいはしようとしてるヤツもおるよな。

そんなおまえらに言うとくと、あんなことをする必要ないで。正直に本音で発信したらええから!

「貯金ゼロ、スキルゼロ、人脈ゼロでも、楽に、簡単に、たった1日10分間〇〇するだけで、すぐにお金を稼げる」って謳って販売したらそりゃあ売上それ自体は立つかもしれへんけども、問題は売った後なんよな。

販売先のコンサルティングをしやなアカンやろ?

その販売先、どんな人種が来るか言うたら、すこぶる依存体質のヤツが来るねん。

「教えてくれる。って言ったじゃないですか!」
「稼がせてくれる、って言ったじゃないですか!」

っていうヤツがな。

そこで、おまえらに聞きたいねんけども、そんなヤツらと付き合いたいか?

確かに、きちんと誠心誠意、稼ぎ方を教えやなアカンのは当たり前やけども、なんもせえへんでも努力なしに稼げる、稼がせてくれるんだ!って思ってるようなヤツらと付き合っていきたいか、って言うたら、答えはNOとちゃうか?しんどすぎるやろ。そんなヤツら、相手すんの。

しかも、こっちは本心では、そのラグジュアリーで自由なライフスタイルが心底いい!と思ってるわけじゃないねんで?

ただただ、そうやるしか販売方法がないと思って、やったにすぎん。

つまり、自分の気持ちに嘘をついて集めた人たちなわけや。心がまったく通ってない。ど真ん中で通じ合ってないわけ。そんな関係、不幸やろ。

しかも、一回それやってしまったら、その売り方しか知らんから、また次も同じこと続けんねん。そうやって、ずっと自分に嘘をつき続けることになるねん。そんなこと続けてたら、心、病むで。

だって、本来望んでへん人間関係が生まれるんやから。

情報発信ビジネスはタレント・コンテンツホルダーが表に出て、そいつが実際にコンサルティングをしないといけない手前、商品は「お金の稼ぎ方」なんやけども、実質はおまえ自身が商品やねん。

おまえがお客さんの前に出て、おまえが教えるわけやねん。そんなんやってて、まったくもって、おもろないわな。だから、不幸や。って言うてんねん。

だから、そんなん言わんでいいし、しやんでいいで。

一人一人、情報発信者の数だけメッセージは異なるし、それをぶつけたらええねん。誰しもがラグジュアリーな自由なライフスタイルを求めてるわけじゃないからな。

「今の会社員としての給与収入に+5万円稼げるビジネスが欲しい」っていう人も実際おるし、ターゲット層なんてセグメントしたら、いくらでもある。

おまえらが伝えたいメッセージを受け取ってくれる人は必ずおるで。

だから、おまえの本音・ど真ん中を発信しろ。

「あなたも自由なライフスタイルを手に入れませんか?」って言った途端、おまえの個性は死ぬ。他の情報発信者となんら変わらん。つまり、差がないってことやから、ビジネスとしても死ぬ。

じゃあ差はどこから生まれるのか?と言えば、「生き方」よ。情報発信ってのは、ある意味、自分の生き方を表現することなんよな。

情報発信ビジネス(=コンテンツビジネス)の醍醐味は、「自分」つまり「生き方」をしっかり表現して、それに共感してもらって、つながり合うことにある。価値観が同じ人間が集う場を形成することにあるねんな。

絶対、自分の心に嘘はついたらアカンで。

しかも、今はSNSの時代。嘘はすぐにバレる。以前にも増して、噂が広まるんが速いんよな。Twitterとか毎日どこかしらで炎上してるもんな。

だから、自分に正直に発信して、愛されるビジネス・コミュニティをつくっていってほしい。

俺もオンライン講座で、情報発信をしている会員さんに情報発信ビジネスをコンサルティングしてるけども、「こんなはずじゃなかったのに・・・」っていうようなコミュニティをつくってほしくはないんで。

 

高額コンサルティング販売に味をしめて、実験を重ねることをやめる情報詐欺師たち

これもあるあるやねんけども、無自覚に情報詐欺師になっていくか恐れって、どんな情報発信者にもあるんよな。

どういうことかって言うたら、情報発信して集客したユーザーに対して、情報商材やら高額塾やらを販売していくわけやけども、それっていわゆる「コンテンツ」やん?

その「コンテンツ」ってのは、「労働の集積」なんよな。つまり、実際に労働して実験を重ねて得た結果をまとめたものがコンテンツ。

そのコンテンツでもって、自分より知識や経験がない人で困っている悩んでいる人に向けて発信するのが、情報発信ビジネスや。

例えば、アフィリエイトビジネスなのであれば、「××ということを試してみた結果、今のGoogleアルゴリズムは〇〇になってることがわかりました。そのために、△△のような対応をしたところ、▲▲という成果を得ることができました。ですから、△△のようにしてください。」とか。

ちゃんと、コンテンツの裏付けとなる実験・労働プロセスがないと、そのコンテンツは嘘っぱちで、それを販売する行為はすなわち詐欺なんよな。

けど、例えば、アフィリエイトで稼ぐ方法を教える高額コンサルティングサービスを売るとして、販売すると単発で50万入ってくる。としようや。

その一方でアフィリエイトビジネスからの収入は単月10万円しかない場合、「コンサル売ったほうが儲かるやん!」ってことになり、アフィリエイトビジネスを実践することをやめて、ただただ高額コンサルティングを売りまくる方向へシフトするヤツって多いわけ。

もっとエスカレートしてきたら、もうアフィリエイトビジネスではまったく稼いでへんねんけども、「教えますよ」つって、高額コンサルティングサービスを売るパターンもある。

こんなんなったら絶対アカンで。ただの詐欺師やからな。

先に労働があって、その後にコンテンツがある。「労働1stコンテンツ2nd」、この順番をしっかり守ること。ほんまは稼いでへんのに稼いでるとか発信し出したら、それはもう立派な情報詐欺師やからな。

そして、もっと言うならば、高額コンサルティングサービス以外にも収入源を持つべきやねんな。

それは、コンサルティングを自分の飯の食い扶持にしてしまうと、集めた人たちのことを「お金」と見るようになってまうからや。

そんな悲しいことないよな。

せっかく自分のド真ん中を本音を発信して、それに共感してくれた人たちを集めたのにやで?自分はコンサルティングを売らないと生活できへんって状態で心に余裕がないなら、「売ろう!売ろう!」とする意識が高まる。結果、無理やり売ろうとしたりして、お客さんとの信頼関係を壊してまうことにつながるんよな。

情報発信ビジネスで稼ぐことは大いにけっこうやけども、それ以前に俺たちは「起業家」なわけで、情報発信ビジネス以外にもいろんなビジネスをつくり続けてナンボや。

そのビジネスをつくり続けていく実験・労働をベースにして、コンサルティングという「コンテンツ」は生まれる。だから、やっぱり、「労働1stコンテンツ2nd」、この順番をしっかり守ることやねん。

知らぬ知らぬがうちに詐欺師にならんように、気を付けることやで。

 

詐欺情報の発信で、自分のキャリアを棒に振らないように

おまえは今後どういう人生を歩んでいきたいと思ってるんか、それはわからへん。けど、ひとつ言えるんは、情報ビジネス業界は実業の世界に生きる起業家・経営者からは相手にされていないと思ったほうがええで。

世間の見方は、「あぁ詐欺の集団ね」というようなもんやからな。

情報ビジネス業界の起業家、つまり情報起業家の名前を検索すると、「詐欺」って出てくるやろ?例えば、七星明とか泉忠司とか川島和正とかな。

顔出しをして、堂々と詐欺をしているヤツらが跋扈しているイカれた業界なんよ。このことをよくよく念頭に入れて、活動をした方がええんよな。

つまり、この業界でいくら有名になって金を稼いだところで、世間からの評価にはつながらんってことやねん。

Youtuberもいわば情報発信者やけども、いくら年何億って稼いでても、結局は、ネット上でわちゃわちゃやってる人って領域を出えへんやん?

だから、今後、起業家・経営者として生きていくんやったら、しっかり知識と経験を得て、実業の世界に飛び込むなりして、自社商品サービスを展開していくことを俺はオススメするな。

あと、情報発信ビジネスをやっていく過程で、パートナーシップを組んでビジネス展開していく(=ジョイントビジネス)人は、この業界で多いねんけども、組む相手はよくよく考えて選ばなアカンな。

よくあるんが、自分のメルマガ読者に他人(=情報詐欺師)のクソ商品・サービスを売るパターン。

今は、評価経済や。

誰と一緒にいるかで、知らず知らずのうちにレッテルを貼られるのが今。もし、おまえが情報詐欺師と一緒に写ってる写真をSNSにアップされてしまったら、おまえは情報詐欺師じゃなくても、おまえの評価は「情報詐欺師」になってまう。

「商品はあるけども、集客ができない」

そんな時に、影響力のあるヤツを頼って、代わりに集客してもらって、ブーストをかけようとするヤツはおるねんけども、そいつが情報詐欺師やったら終わりや。

確かに売上は上がるかもせえへんけども、信用を失うよな。

だから、集客から販売まで、しっかり自社で完結するようにするべきやで。足元見られて、魂売ることのないように。

 

情報発信者は常に自戒の念を!己をゴミカスと認めることからはじめろ!

情報発信はコンセプトをつくり、特定のターゲットに向けて発信するもの。となれば、それはすなわち「教育業」にあたるわけで、おまえは必然的に「先生」というポジションになる。

ここで覚えておいてもらいたいことがある。常に反省を続けやなアカンのは、生徒よりも先生であるおまえの方だということ。

先生というポジションにあぐらかいたらアカン。

俺は、「おまえら、情弱やな!」って言うてるけども、一番の情弱は俺やと常に思ってるつもり。「そんなエラそうなこと言える立場なんか?」って常に思うようにしてるねんな。

自分にも知らんことばかりやし、生徒さんから教えてもらうことも多々ある。

だから、情報発信ってのは、いわば説教。何かを教えているってことやからな。ただ、その説教の矛先は、その発信を見ているターゲットに向いているようで、実は自分に向けて説教垂れてるんよな。

「情報発信=自戒」

このマインドセットを持っておいてもらいたい。

 

まとめ

ってわけで、今回は、情報発信ビジネスをしていくうえで持つべきマインドセットについて語らしてもらったけども、最後一言にまとめるとしたら、「金稼げるからって調子に乗ってたら足元すくわれんで」って話やな。

しっかり足元を見て、できることを増やしていって、ビジネスの「実力」をつけていくこと。

これが大事。

何も考えずに活動してたら、ついついこの情報ビジネス業界内の連中のやり方や空気感に流されて自分を見失いがちやから、騙されへんようにな。騙されたくないヤツ、地に足つけてしっかり稼いでいきたいって思ってるヤツは、この↓のフォームから俺のメルマガにでも登録しておくとええわ。

高寺徹のメールマガジン

情弱への義
お名前
メールアドレス

関連記事

noimage
起業独立・副業しようと思った時にまずに取り組むべきビジネス
noimage
情報商材・高額塾詐欺被害にあう騙される人の特徴
noimage
起業独立・副業するために高額塾・高額コンサルを購入しても稼げない人の特徴