高寺徹 公式ブログ

おまえもやれる!普通にやれるよ!

高寺徹自己紹介

医療保険・入院保険・ガン保険はいらない!貯金で賄えるのにもったいなさすぎ!

うす、高寺です。

ガン保険とか入院保険っていう医療保険って当たり前に入っていく人が多いけど、ホンマに必要なんか考えた方がええんよな。

というのも、保険って基本的に金食い虫やからな。無駄に保険料払うんやったら、自己投資なり金融投資なりした方が、よっぽど人生にメリットがあるからな。

ってわけで、今回は、医療保険の必要性について、書いていくで。

 

家計の見直しは、まず保険から!

この記事で、お金を貯めていくうえでの基本的な考え方を示したけども、まず家計の中で見直すべきなのは保険やねん。

というのも、保険って別になくなっても、即座に生活に困るなんてことがないからや。なんか事故があった時のためのものやからな。

そのほかの出費としてデカい、家とか車っていうのは、生活に直結するんやけどな。だから、真っ先に見直したい支出項目なんよな。

 

それと、無駄が多いんよ。ぶっちゃけ、保険入ってることは入ってるけども、それが何の保険なんかをしっかり理解してる人って意外に少ないんよな。

その典型が「みんな入ってるから、入ってる」ってやつやな。保険って、仕組みがややこしいからな。けど、ようわからんままに毎月毎月お金を吸われてるって、もったいなさすぎるやろ?

だから、まず保険を見直した方がいいんよな。

 

医療保険は必要か?

結論から言って、いらんな。不要。

でも、こう言うたら、こう思われるんよな。

 

・もし、がんになったら、どうすんの?
・いざという時に、医療費を払えなかったらどうすんの?
・2人に1人はガンで死ぬ。っていう時代なんやで?大丈夫?
・入っておけば、将来も安心じゃない?

とかな。

 

でも、これははっきり言って、騙されてるねん。テレビCMなんかが特にそうやな。アフラックのガン保険勧誘のCMとかな。典型やな。洗脳や。

 

よく、「保険は、いざとなった時に必要」って言うんやけども、じゃあ、その「いざ」という時に、いったいお金はいくら必要なんか、っていうことを考えたことのある人はほとんどおらん。

もし大病を患って、入院期間が長期になったら、めちゃくちゃお金かかるやろ!って考えるんよな。けど、実際は高額療養費制度っていうのが、俺たちの国にはあるから、そんなかからへんねん。

税金も保険料も高い分、そのへんの保障は、日本は手厚いからな。

日本国民であれば、ほぼほぼ、国民健康保険か社会保険、どちらかに入ってると思うけども、これら健康保険に入っておれば、月額の治療費の最大値っていうのが、あらかじめ決まってるねん。

その計算式が複雑すぎるから、ここではあえての説明は控えるけども、だいたい、ざっくりの金額にはなるけども、どんなに大病を患っても、約月10万円が最大値やから大丈夫や。月10万程度やったら、貯金でまかなえるやろ?

仮に所得が低ければ、もっと負担金額の最大値は下がるしな。

 

それから、「入っておけば、安心」論者について思うことやけども、これは特に「ガン保険」とかそうやなー。って思うんやけども、ガン保険に入っても、別にガンが治るわけじゃないからな(笑)

それは、なんとなくのイメージのすり替えや。

病気が完全に治るっていう保険やったら、俺も入るで?w

けど、そんな保障をしてくれるわけじゃないからな。病気になって金をもらっても、それまでの蓄えで十分賄えるんやったら、ガン保険なんていらんのよな。

ちょうど、うちのオカンが入るのを検討してたから、全力で止めたわ。無駄やからな。保険屋のセールストークに、マスメディアの洗脳にやられへんようにな。

 

それでも、「2人に1人はガンになるんや!」って聞かへん人がおるんやけども、若いうちはほぼほぼガンにかからんからな。確率論の話や。

「2人に1人がガンになる」っていうのは、歳いってからの話や。人生、最終的にはそうなる。っていうことを持ち出して、ガン保険を売ろうとしてるに過ぎひん。そういう詐欺に引っかかってるだけや。騙されてるねん。

年齢を重ねていくつれて、それも60歳とか高齢者になっていく中で、ガンにかかるリスクが高まってくるわけで、まず若いうちはかからんからな。

これは、国立がん研究センターが公式に発表してる最新のがん統計を見たら、明らかや。

出典【国立がん研究センター がん情報サービス

その若いうちにガン保険で金を毎月すり減らすっていうのは、無駄でしかないわな。

 

まとめ

↑でもちらっと言うてることやけども、ガンとか病気とか確率の低いことについて無駄に心配するくらいなら、さっさとお金を貯めた方がいい。

保険っていうのは、貧乏人のためのものやからな。貧乏から脱出すれば、基本的にいらんねん。保険なんてものは。

だから、将来かかるかもしれへん医療費なんてのは、医療保険に入って備えるんじゃなくって、今のうちからさっさと貯めておくべきや。貯金しておけば済む話。

んで、貯めて余った金で、自己投資してスキルを身に着けて、事業をつくり、年収をアップさせたり、株式投資、インデックス投資、ETF購入資金に充てて、資産を増やした方がよっぽどええで。

 

それに、そもそも病気になりにくい体質に変えた方が合理的やんな。

日々の食事を見直したり、筋トレ&ランニングの習慣をつけたり、自分なりのストレス発散手段をつくったり、な。

ちなみに、俺の食習慣については、↓の記事に書いてるから、よかったら見ていってな。

⇒ オススメの健康・減量食

⇒ お酒との付き合い方

 

なにせ、毎月の保険料を払うために、嫌々、会社行って、たいしてやりたくもない仕事をして、逆にストレスをため込むって、アホらしくないか?

何回も言うけど、医療保険は不要。そんなもんに払うくらいなら、今からせっせと貯金していくことをオススメするで。

 

ps

保険なんて典型やなー。って思うんやけども、この世の中ってのは詐欺で成立してると言っても過言じゃない。

当たり前を疑うことやな。俺のメルマガはそのきっかけになるで。マジでみんな騙されまくりやからな。

高寺徹のメールマガジン

情弱への義
お名前
メールアドレス

関連記事

住宅ローンでマイホームを購入した時に見直すべき支出項目
新築マイホーム頭金なしフルローン購入は人生の罠!失敗、後悔しないために知っておくべきこと
生命保険は独身には100%不要。積立・貯蓄性のある保険の利回りは最悪!子供がいる人のみ掛け捨て保険で解決!
90%が間違ってる!賢い貯金方法・コツ。水道光熱費の節約は無駄!?