高寺徹 公式ブログ

おまえもやれる!普通にやれるよ!

高寺徹自己紹介

生命保険は独身には100%不要。積立・貯蓄性のある保険の利回りは最悪!子供がいる人のみ掛け捨て保険で解決!

うす、高寺です。

今回は、生命保険の話。

日日本人の80%が入ってると言われてる生命保険。

生命保険って、当たり前にみんな入っていくけども、放っておいたら金額が大きくなりがちなんよな。

結論から先に言うけども、生命保険はほとんどの人にとって、いらん。不要。人生の罠や。

 

独身なのに生命保険!?違和感を抱いて、解約しました。

俺はもともと国家公務員をしててんけども、その時から独身やのにも関わらず、なんの疑いもなく、かんぽ生命保険と国家公務員が入れる共済保険に入って、毎月掛け捨てでお金払ってたんよな。

けど、起業独立後、お金の勉強を本格的に始めてからは、「なんで、俺、独身やのに、保険会社に毎月貢いでるんやろ!アホくさッ!」って思って、個人的な事情で契約続行を決めた一部の海外積立生命保険以外、国内分は全部解約したんよな。

 

生命保険必要論を唱える人の言い分

「生命保険って、別にいらんくない?」って言うたら、8割が入ってるくらいやから、もちろん反対意見は出てくる。

「自分が死んだ時に、家族にお金を残してあげたい」
「保険は安心材料!」
「積立保険はお金が増えるし、貯金と同じ!」

ってな感じで。

けど、掛け捨て保険っていうのは本質的にはギャンブルやし、積立保険ってのは異常に手数料の高い投資商品なんよな。買う時の手数料に加えて、毎月の運用手数料もかかる。。

「積立」とか「貯蓄性のある」って言葉を聞くと、「めちゃくちゃお金が増えていく」っていうイメージがあるけども、実際には、そんなことないんよな。

 

積立保険は本当にお金が増えるのか

この見出しタイトルで結論わかるよなwほんまちょっとしか増えへんで(笑)

以下、説明していくな。

 

低すぎる解約返戻率

生命保険には、解約時にどの程度、お金が戻ってくるんかっていうのがわかる返戻率っていうのがあって、実際どのくらい増えるのか、っていう話なんやけども、だいたい契約から30年経って130%増とかそんなもんやな。

これを低いととるか、「増えるんやったら、いいやん。銀行よりマシやん」「すぐに解約するつもりもないから、元本割れリスクはないし、安心や」ととるのか。それは人によって分かれるところやけども、確かに銀行に預けて寝かしておくよりいいし、元本割れリスクはほぼないのも魅力かもしれへん。

けど、同じ投資商品なら、もっといい投資先ってあるんよな。

 

積立投資と株式等への投資の利回りの差

積立生命保険の年間平均利回りは0.7%や。

じゃあ毎月3万円を20年間にわたって年間利回り0.7%で運用したとしよか。結果、元本720万円、資産額は772万円になるねんな。

どうや?

20年間でたった50万円しか増えへん、、、俺は「たった」って思うねんけど、おまえはどうよ。コレ。なんか微妙じゃない?

 

コレとは別に、株式投資、投資信託投資とかもっとマトモな利回りで運用できる投資先に投資したらどうなるか、、年間7%で運用できたとしようか。

同じ条件で、毎月3万円を20年間運用し続けたとしたら、元本720万円で資産額は1562万円になるねん。これが複利の力や。

772万円と1562万円。2倍以上の開きや。この差はあまりにデカいやろう。

 

で、こう言うたら、「いやいや、年利7%で回ったらそれはええけども、リスク高いやろう」って思うと思うねん。

じゃあ、もっと安全な年利3%で運用したとしよか。

それでも、資産額は985万円になるんよな。

結局、積立保険よりも圧倒的に資産額は増えるってことがわかってくれたやろう。

 

解約したら、損になってしまうから解約したくない・・?

それでも、多くの人は解約せえへんやろな。「今、解約したら、損するから・・」って。けど、残念やけど、積立保険ってもう契約してしまったその時点で損は確定してるんよな。酷い話やけども。

確かに、一時的に損するかもしれへんけども、将来得られるであろう数百万、数千万円を放棄して、目の前の解約損失金を怖がるっていうのは、それこそリスクやな。って俺は思うで。

 

家族にお金を残したければ、掛け捨て生命保険で十分

子供や奥さんにお金を残したいなら、積立保険じゃなくて、掛け捨て生命保険で十分や。

契約する時の年齢にもよるけども、月々数千円で死亡時には数千万円が家族の銀行口座に入るからな。

 

生命保険が必要な人

結局、生命保険が必要な人っていうのは、↑でもちらっと言ったけども、子供がおる人やな。養育費とか学費、生活費の面で心配やろうしな。

まぁそれでも、積立型じゃなく掛け捨て型でええわ。それだけで、仮に自分が亡くなったとしたら、子供には数千万円入るからな。十分やろ。

積立を掛け捨てにするだけでも、毎月何万円も浮いてくるし、効果を実感できるはずやで。

 

まとめ

生命保険ってなんで入るんかって、不安やから入ると思うんやけども、けど、じゃあその「不安」って何?って問いには漠然としてた、ほとんどの人が答えられへんねん。

「じゃあ、いくら手元にお金があったらいいのか、いつどんな時にいくら必要なのか」って聞かれても、「ぶっちゃけわからへん。」ってなるのがオチ。

そんで、漠然とした不安を抱えたまま、ずっと生命保険に入り続けて、損していくんよな。俺が主宰してるビジネスコミュニティ「おませこ」の会員さんも、独身やのに、「入ってたら、とりあえず安心」ってことで、月々数万円も生命保険払ってたからな。

「何が安心?」と言えば、「・・・」(笑)

そうやねん。聞かれたら、「何が安心なんやろう?俺、何やってんねやろう?」ってなるんよな(笑)

だから、無知は恐いで。

「世の中の8割の人が入ってるから、自分も入る。」

これは、騙される人の思考や。

その意味で、世の中、詐欺師だらけやからな。俺のメルマガでも言うてるけども、もっと世間知らんとアカン。勉強した方がええで。自分の身は知識で守るんや。

高寺徹のメールマガジン

情弱への義
お名前
メールアドレス

関連記事

住宅ローンでマイホームを購入した時に見直すべき支出項目
新築マイホーム頭金なしフルローン購入は人生の罠!失敗、後悔しないために知っておくべきこと
医療保険・入院保険・ガン保険はいらない!貯金で賄えるのにもったいなさすぎ!
90%が間違ってる!賢い貯金方法・コツ。水道光熱費の節約は無駄!?