高寺徹 公式ブログ

おまえもやれる!普通にやれるよ!

高寺徹自己紹介

サラリーマンが不労所得で月10万円、20万円の投資配当所得で生活できるようになるまでの基本的な考え方

うす、高寺です。

今回は、不労所得で生活をしていくためには、どんな考え方でもって日々過ごせばいいんか。ってことについて、書いていくな。

俺は別に、アーリーリタイア生活っていうのを熱望してるわけじゃなく、働けるうちは働こうかと思ってるけど、将来、年金受給年齢がどんどん引き上げになっていくやろうことは想像できるから、不労所得っていうのは持っとく方が賢いわな。とは思うし、そう思ってる人ってのは多いやろうから、今回は、不労所得で生活していくための考え方・心構えについて、書いていくわな。

夢の不労所得生活!?

そもそも、不労所得生活っていうのは、どういう状態を指すのか。と言えば、毎月の不労所得が毎月の生活費を上回る状態やな。

こうなったら、もう資産はどんどん増え続けるで。

なぜなら、例えば、毎月の生活費が20万円で、毎月の不労所得が25万円なんやったら、毎月5万円分は再投資して、また新たな不労所得に変わるからやな。この状態になったら、もうその先、一生、お金に困ることはないねん。

 

不労所得生活を実現するためのカギを握る「利回り」

不労所得生活を実現するために重要なのが「利回り」や。

例えば、100万円を銀行に預けて、仮に利回り1%やったら、毎年1万円の利息収入を得られるよな。

銀行の場合は金利がつくし、株式の場合は配当金が入る、不動産の場合は家賃収入が入るよな。これらが、いわゆる不労所得ってやつや。お金がお金を呼ぶ状態やな。

 

投資例

俺がビジネスやら投資やらを教えてるコミュニティ「おませこ」の会員さんは、コツコツ投資でも利益を出してるけども、一般的には、「投資=ギャンブル」っていう価値観やから、投資はいっさいせずに、銀行や郵便局に預けたまま。つまり、貯金だけ。ってパターンが多いわ。

だから、「投資」って馴染みがないんちゃうか。と思うけども、もし毎月5万円を20歳から30歳まで「貯金」したとしたら、10年間で600万円貯まるわ。

けど、このお金を「投資」してたら、どうなるかっていうたら、毎月5万円を仮に利回り7%で10年間、「複利運用」してたら、8,654,240円貯まるんよな。

これを20年間続けたら、26,046,333円になるねん。すごくない?

資金の元手は20年間、積み立てた1200万円や。これが、20年間、複利運用することで、2倍以上の金額になるんよな。

もちろん、そうなる保証はないけど、長期運用すると、高確率でこうなることが過去からのデータで証明されてるから、やらん手はないんよな。

 

毎月10万円の不労所得があったら、どういう生活が待ってる?

毎月の生活費が仮に20万円やったとして、毎月10万円の不労所得があったとしたら、どういうライフスタイルになるか。っていうたら、職業をある程度選べるから、都会でも田舎でも住む場所もある程度選べるようになるし、毎日働かんでもよくなるから、時間も生まれるよな。

ひとつの会社に固執する必要性がないから、嫌もしで耐えられへんようになったら、「もう会社、やめよーっと」って、選択肢が自分の中で生まれる。

これが、毎月20万円の不労所得になったら、、、もうそもそも働かなくてよくなるかもな。「暇やから、働く」って状態になってるやろな。

 

毎月10万円の不労所得を得ようと思ったら、手元資金はいくら必要なのか

仮に、利回り7%で計算したとしたら、元手資金は1700万円必要やな。これをせっせとこれから、貯めていこう。って話になる。

まぁそもそもなんで利回り7%なのかっていうたら、堅実に長期投資をすれば、過去のデータ上、平均したらそれくらいの利回りで回るから、この数字に設定してるで。

 

生活費<不労所得になるまでのステップ

これは、もう順番は決まってるで。

 

1 会社給料以外で稼ぐ

給料以外の副収入を持つことが大事で、なんでかと言えば、労働収入だけじゃあ、お金を貯めるまでにものすごく時間がかかるんよな。

会社給料だけやったら、毎月源泉徴収でしっかり税金徴収されるし、サラリーマンはあまり節税対策として出来ることがないんよな。出社から退社まで時間的に拘束されるし、なかなか自分の時間単価が上がらへんわ。

だから、副収入を得ることが大切やねんな。つまり、ビジネスをしよう。ってことや。

 

2 支出を減らして、効率よくお金を貯める

これについては、このカテゴリー記事を見てもらったら、だいたいわかるわ。

 

3 投資する

お金を増やすのに、投資は必須やで。つまり、銀行に預けるなり貯金だけするんじゃなくって、お金を休ませず、お金に働いてもらうねん。

 

4 お金をしっかり守る

上記1~3をやりながら、同時に、お金を守っていくってことをしやなアカン。これは詐欺にあわへんように知識武装するとか、余計な付き合いの時間を増やすような人間関係を断ち切るとか、ってのがあるな。

詳しくは、このカテゴリー記事を見てらもえたら、だいたいはつかめるわ。

 

まとめ

今回は、不労所得生活はどうやったら手に入るんか。ってことを解説していったけども、このライフスタイルを目指すんやったら、とにかくお金を「貯める」ってことをしていかなアカン。

戦争をするのにも弾が必要なのに、闘っていくための軍資金・種銭が必要やねん。

けど、みんな資本主義の闘い方・ルールを、家庭でも学校でも会社でも教わってへんから、会社給料入ったら、生活費の消費、お金にならん無駄な買い物、つまり浪費やな。に回すんよな。

で、「金ない」ってなるんよな。

「そらぁ、ないやろな」って感じなんやけどもw

だから、騙されてるんよな。誰からも知らされてへんねん。知られたら困るからな。誰が?って言うたら、会社が政府が。

会社側からしたら、組織の利益のために毎日労働して欲しいし、政府からしても、そんな税金対策なんか考えんと、労働者として働いてもらった方が、毎月、源泉徴収って形で、確実に税金をとれるから、都合がええんよ。

つまり、楽ってことやな。

だから、そんな、不労所得を得る方法なんて、いちいち教えへんわ(笑)都合悪いもん(笑)

そういう資本主義の基本的なルールやな。それをまず知ることが、人生を生きるうえで、めちゃくちゃ大事やねん。

その意味で、この世の中は「詐欺」で成り立ってると言うても過言じゃないから、豊かさを手に入れるために、資本主義の勝者の「詐欺的手法」っていう、表ではしゃべられへんことを俺のメルマガではしゃべってるから、興味ある人はメルマガ登録しといてな。

ほんま、みんな知らんくって損してるで。

逆を言えば、知って実行するだけで、周りの人間よりも随分と良い暮らしぶりが将来、必ず待ってるってことや。知識武装して、賢くなっていこう。

ほな、また。

高寺徹のメールマガジン

情弱への義
お名前
メールアドレス

関連記事

経済的自由を手に入れるための唯一の方法【地道にお金を増やす!】