高寺徹 公式ブログ

おまえもやれる!普通にやれるよ!

高寺徹自己紹介

株式の基礎知識。株を買うことの意味とそのメリット

うす、高寺です。

日本は金融教育がまったくなされない国やから、投資には馴染みがない。だから、投資をするにしても、そもそも投資商品には何があるかを知らんよな。

だから、今回の記事では、投資商品のうちの株について。

・株式とは何か
・株式とはどんな仕組みなのか

を書いていく。

「株を買う」が意味するもの

株を買うっていうのは、どういうことを意味するか?って言うたら、企業のオーナーになることを意味するねんな。

 

株式会社の仕組み

株式会社Zを設立するにあたって、1000万円が必要やとしよう。

「新しい○○という事業をつくります!」と発表するんやな。それに対して、

出資者A「おぉ!すごい!儲かりそう!」
出資者B「成長しそう!」
出資者C「興味ある!」

ってな感じで、出資に前向きな出資者が現れたとしよう。

 

じゃあ会社側は、「1株1万円で1000株、発行します。何株、買ってくれますか?」と出資者に提案するわけやな。

結果、Aは300株、Bは500株、Cは200株を取得したとしようか。じゃあ、この瞬間から、このA~Cは、株式会社Zのオーナー(=株主)になるわけや。

一番株式を持っている人は筆頭株主と呼ばれて、最もその株式会社に対して影響力を行使できる立場になるで。

 

株主が決まれば、次は会社経営者を決めていくねん。取締役ってやつやな。そのうちの代表が代表取締役や。株主と代表取締役が違う場合は、いわゆる「雇われ社長」やな。

逆に、中小企業に多いけども、社長が自分で金を出して、あるいは借りてきてかつ、会社も経営する、社長=株主の場合は「オーナー社長」ってことやな。

 

上場企業とは何か

上場企業っていうのは、株式を証券取引場(実際に、株式が売買されている場所)で売買できる企業のことを言うで。日本の場合、上場企業は約3500社あるで。その一方、非上場企業は約400万社。

上場するには、厳しい審査があるから、数は少ないわけやな。上場したがる企業が多いのは、多くの人から広く資金調達ができるし、知名度・信用度が上がるんよな。そのほかにも、経営の透明性をアピールできる。っていうのもあるな。

 

ってなわけで、「株を買う」ということは、「上場企業の株式を買う」ことを意味するで。

そして、上場企業の株を買う時は、投資家の取引を仲介する証券会社を通じて、証券取引場で取引されている株を買うことになるで。企業ないし証券取引場から直接、株式を購入できるわけじゃないんよな。

 

証券取引場は、東証一部、東証二部、マザーズ、JASDAQといったように、いくつかのレベルに分けられてるねんけど、これについては、「なんか、段階・ステージがあるんやなぁ」って程度の理解でええわ。

 

そのほかにも、基礎知識になるけども、

個別株・個別銘柄・・・1社ごとの株のこと。例えば、「ソフトバンク」とか「コカ・コーラ」とか一つ一つの会社名のことを言うで。

株式はいくらから買えるのか・・・会社にもよるけども、だいたいは数十万円~やな。購入単位が100株ずつやからな。だから、仮に、株価が1000円なら、最低10万円、手元資金がないなら、株式を購入することはできへん。ってことやな。

 

非上場企業とは何か

証券取引場で、株の売買ができへん会社のことやな。未公開株って呼ばれるで。大企業だけじゃなくって、中小企業も株式は持ってるで。たいがいは、社長が100%持ってるわな。

あと、大企業やから上場してるんか?と言ったら、そんなことはなくって、例えば、サントリーとかカルピスなんかは、めちゃくちゃ大きい企業やけども、上場してへんで。

 

株価はなぜ上がるのか

例えば、1000万円で創業した株式会社が、1株あたり1万円で1000株発行されたとしよう。じゃあ、時価総額は1000万円や。

その後、5年かけて、この会社が2000万円の利益を出したとしよか。じゃあ時価総額は3000万円になるねん。じゃあ、1株あたりの価格は、1万円~3万円になるよな。発行する株式数は限られてるわけやからな。

ってな風に、株式投資というと、「ギャンブルや」って思う人は多いけども、ギャンブルじゃなくって、基本的に、その会社が成長するからこそ株価も上がるわけで、いかがわしいものでもなんでもないで。

ただし、どこまでいっても、需要と供給の話で、例えば、「欲しい!」っていう人が多ければ多いほど、その期待に応じて、会社の成長とは関係なく、株価は上がっていくねん。

逆に、「もう株式を手放したい」っていう人が増えたら、どんどん株価は下がっていくわな。

 

株の儲けは2種類ある

株式で儲けようと思えば、キャピタルゲインとインカムゲインの2つがあるってことを覚えとかんアカン。

キャピタルゲインは株式を売買した時の差益のことで、例えば、1株1万円の時に購入した株が1株3万円になったら、1株あたり2万円の差益をGETできるってわけやな。

 

一方、インカムゲインは、その株式を持っているだけで得られる利益のことで、株主配当金がそうや。現金なり物品なり、やな。株主優待って聞いたことないか?それやな。

会社のオーナーやから、会社の利益を一部もらうで?ってことやな。

 

なぜ上場すると、創業者はお金持ちになるのか

一言で言えば、代表取締役が保有している自社株の価格が爆上がりするからや。そのタイミングで株式を売却したら、とんでもないお金が入ってくる。ってわけやな。

 

株式投資の特徴

他の投資商品じゃなく、「株式を買う」、つまり株式投資をすることのメリットは、いくつかある。

 

1 流動性がある

「流動性」って言い方をするねんけども、いつでも買えるし、いつでも売れるんよな。これが不動産やったら、買い手が見つかるまでキャッシュが入らへん。

「売りたい」と思っても、すぐに現金化できへんのよな。この点は、デカいメリットやな。

 

2 何もしなくていい

ひとたび、株式を買ったら、もうその会社に対してできることってのはない。会社の経営は代表取締役に任せてるわけやし、その会社が頑張って業績を伸ばしてくれるように期待するのみやな。

逆に言うたら、我々、投資家には何もできない。ってことなんやけどな。

 

3 株価は常に上下する

株価は、絶対に右肩上がりっていう保証はない。まぁこれは、現金でもそうやけどな。為替やインフレデフレで価値は上がったり下がったりするから。

好景気、不景気があるように、先のコロナショックでもそうやけども、大きく株価が下がることもあるし、逆にアベノミクスのように、株価がどんどん上がっていく時期もあるで。

 

4 配当金が出る

株式を購入したら、その瞬間から、その会社のオーナーになるわけやから、配当金という形で分け前を得ることができるで。

 

5 税金は一律20%

仮に事業・ビジネスをやってたら、所得税・法人税は累進課税やから、利益が大きければ大きいほど、その分、税率は高くなるんやけども、株式投資の場合、国内口座FX取引もそうやけども、一律で20%なんよな。

これは、事業をやってる身としては、かなりデカいな。その分、資産として増えていきやすいからな。事業で稼いで、株式投資。これはテッパンの金持ちコースやで。

 

まとめ

・株式を買う=その会社のオーナーになる

・株式を買うことで、会社にお金が集まり、その出資した自分のお金で会社は事業を成長させていく

・会社の業績が良ければ利益が分配されたり、株価が上がって還元される

 

つまり、株式投資をするってことは、資本家になることを意味してて、経済的自由、精神的自由、時間的自由の一歩になるってことや。

高寺徹のメールマガジン

情弱への義
お名前
メールアドレス

関連記事

投資をはじめたいけど、どこに投資すればお金が増えるのかがわからない!って人がまず知るべきこと
自己投資とは何か。人生をより良く生きるためのおすすめのお金の使い方
投資法人?不動産REITの仕組みを簡単に説明してみた
FXとは何か、簡単に説明!老後資金対策など資産形成目的ならリスク高し。