高寺徹 公式ブログ

おまえもやれる!普通にやれるよ!

高寺徹自己紹介

投資信託とは何か、わかりやすく説明!ファンドやETFとの違いは?

うす、高寺です。

今回は、投資信託、ETF、ファンドについて。

「それ、聞いたことがある!」って人もおると思うけど、1つずつ何を意味してるんか、以下見ていくで。

最初に言うとくけど、投資信託とETFはほぼほぼ同じものと理解してくれてたらええわ。

投資信託とは何か

直訳すると、「基金」やねんけど、横文字にしたら「ファンド」って呼ばれるものやな。例えば、「お金を投資したい!」って思った時に、どこの会社の株式を買ったらいいかわからへん。ってならへん?

それこそ、投資初心者やったら意味不明やと思うねん。

あるいは、いくつか購入したい株式はあるけども、それほど余剰資金があるわけではない。と。

 

こういう時に、力を貸してくれるんが、投資信託(=ファンド)やねん。

 

じゃあこれから、株式会社A,株式会社B、株式会社Cの株式を購入したいとするやろ?

けど、手元のお金がない。と。

そこで、投資信託はいろんな投資家からお金を預かって、それを俺たちに代わって運用してくれるんよな。

例えば、投資するのに例えば、1人頭3000万円必要です。って言われたら、なかなか厳しいなぁって思うやん?

だから、いろんな投資家から1人は100万円、また1人は300万円といったように、複数人数からお金を集めて、お金を預かった投資信託は株式会社A~Cを俺たちに代わって購入してくれるんよな。

 

それに、俺たちは、株式会社A~Cが今後も業績を成長させられる可能性を秘めている会社なのか、あるいは、もう成長しない会社なんかはわからへんやんか。

だから、投資信託にお金を預けて、代わりに運用してもらうってわけ。

そして、その時の投資先の組み合わせ(例えば、会社Aへの投資比率を80%にする、あるいは会社AとBとCそれぞれ3割ずつ投資する、など)のことも、投資信託(=ファンド)っていうねんな。

 

だから、わかりにくいねんけど、投資信託(=ファンド)っていうのは、

・俺たちに代わってお金を運用してくれる機関(=「運営会社」としての意味)
・投資先の組み合わせ(=「投資商品」としての意味)

この2つの意味で用いるねん。

 

だから、投資信託(=ファンド)って今、めちゃくちゃ数があるねん。ネット証券やったら、3000本以上の投資信託商品が売られてるわ。

なんでそんな数が多いのか?と言えば、それだけと投資信託商品の組み合わせが無限大やからや。

 

投資信託商品には、どういうものがあるのか

実際、どんな投資信託商品があるのか?と言うたら、「先進国株ファンド」「日本株ファンド」「先進国国債ファンド」といったように、組み合わせが無限大やから、いろんな商品が乱立してるんやわ。

それこそ、株式や債券だけでなく、不動産や金も含めたところで、その組み合わせが無限大やから、投資信託(=ファンド)商品はむちゃくちゃ数が多いんよな。

 

まとめ

今回の記事では、投資信託(=ファンド)について勉強してきたけども、俺たちに代わって投資運用してくれるんやったら、楽ですよね。

でも、同じ「投資信託」にも落とし穴が存在するから注意して欲しいんよな。まったくもって儲からへん詐欺投資信託商品もあるから。詳しくは、この記事を読んでな。

高寺徹のメールマガジン

情弱への義
お名前
メールアドレス

関連記事

投資をはじめたいけど、どこに投資すればお金が増えるのかがわからない!って人がまず知るべきこと
自己投資とは何か。人生をより良く生きるためのおすすめのお金の使い方
投資法人?不動産REITの仕組みを簡単に説明してみた
FXとは何か、簡単に説明!老後資金対策など資産形成目的ならリスク高し。