高寺徹 公式ブログ

おまえもやれる!普通にやれるよ!

高寺徹自己紹介

FXとは何か、簡単に説明!老後資金対策など資産形成目的ならリスク高し。

うす、高寺です。

今回の記事は、FXについて。

俺はビジネスコミュニティ「おませこ」以外に、FXで資産形成していきたいって人向けのコミュニティ「FXディーリングアカデミー」の運営もしてるんやけども、FXの基本について書いていくわな。

FXとは

一言で言えば、「為替取引」やな。

正確には、外国為替証拠金取引。

 

外国為替って何や?って言うたら、ドルとかオーストラリアドルとかポンドとかやな。外国の通貨。

これを証拠金取引すること、つまり「異なる通貨を売買取引すること」やな。土日を除く平日24時間ずっと相場は動いてるで。

 

稼ぎ方は2種類

FXは2種類の稼ぎ方があるんよな。

キャピタルゲインとインカムゲイン。株式取引と同じやな。

 

キャピタルゲインは安く買って高く売って得る利益のことやな。

インカムゲインは外貨預金と仕組みは同じで、各国通貨の金利差で稼ぐ方法やな。別名「スワップポイント(=金利差益)」って言われるで。

例えば、日本円0.001%、ドル2%の場合、日本円を売ってドルを買えば、金利差分、お金をもらえるんよな。これが、スワップポイント。

FXの場合、毎日スワップポイントがつくで。

トルコリラ、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、南アフリカランドが高金利通貨として有名やな。

 

証拠金(=レバレッジ)とは

てこの原理のことやな。小さな力で大きなものを動かせられる、ってことやな。これをFXに当てはめたら、少ない資金で何倍、何十倍、何百倍の取引をすることを言うで。

例えば、1ドル100円とした時に、100万円持ってたら1万ドル買えるよな。この状態は、レバレッジ1倍や。レバレッジがまったくかかってない状態やな。

次に、100万円を証拠金にして、900万円借りて、1000万円分購入したとしよう。10万ドル。1万ドルで10万ドル分の取引をするから、レバレッジ10倍って表現するで。

最大レバレッジは、証券会社によって違うくって、一般的に海外口座の方がレバレッジ数は大きくなるで。

 

そもそも、なぜ証拠金取引ができるのか?

なんで、1万ドルで10万ドルの取引ができるんか、不思議じゃない?900万円は、誰が貸してくれてるんやろ?と。

けど、これは誰からも借りてないんよな。借りた「てい」で取引ができるのが証拠金取引やねん。

意味不明やねんけども、以下で説明する「ロスカット(=強制決済)」っていう概念によって、証拠金取引ができるねん。

 

ロスカットと証拠金維持率

例えば、手元に証拠金として、100万円あったとしよう。

1ドル100円の時に、10万ドル(=1000万円)購入したとするやんか。その後、ドルの価値があがるかと思ったらその逆で、1ドル90円になったとしよう。じゃあ、10万ドルは900万円になるわな。

じゃあロスカットって言われて、強制的に決済されてしまうねん。

なんでかって言うたら、手元には100万円(=1万ドル)しかないから。本来、それ以上の金額では取引できへんわけやから、強制的に決済されてしまうねんな。

だから、実際には900万円分借りてるわけじゃないねんけど、借りたていで取引できるってことやねんな。

まぁ実際には証拠金が0円になるまではポジションを持たせてくれへん(=取引継続させてくれない)ねんけどな。証拠金維持率はたいがい50%程度や。そのラインを超えると、ロスカットされるな。

 

追加証拠金(=通称・・追証)

恐いで。これは。追証が払われへんから、自殺してる人わりといるからな。FXで損した金ってのは自己破産できへんってのも理由の1つやな。

追証ってなんや言うたら、証拠金維持率が一定ラインを割り込んだ時に、指定期日までに追加で証拠金を入れてくださいねー。って指示されることやねん。

ちなみに、この期日を守れば、ロスカットはされへんねん。払えるんやったら払ったらいいねんけど、払われへんくなった時がヤバイわな。大出血や・・・。

 

自動売買システム関係ソフト

「システムトレード」って呼ばれるものやけど、これはもう詐欺。完全に詐欺と思ってくれたらいいわ。

お金をつっこめば、あとは勝手に運用してくれて月利、年利数十%確定!とかバカげた広告が平気で流れてたりするけども、はっきり言って嘘やからな。絶対にそんな自動売買システムは買ったらアカンで。

 

まとめ

ここまでの説明でFXがどういうものか、わかってくれたと思う。

だいたい、FXで失敗してる人は、証拠金取引でレバレッジ取引をして、多大な損失を出してるパターンやねん。

俺が運営で入ってるFXディーリングアカデミーのように具体的なロジックがあって、そのルールのもと取引するんやったらええけど、なんのロジック検証をすることなく、いわゆる当てずっぽうで、例えば、「これからこの通貨は上がるやろぉ~」って適当な値ごろ感で取引するんであれば、それはもう「投資」じゃなくて、もはやギャンブルや。

そういうFX取引をしたら、大けがでは済まへんから、堅実・確実・着実に資産形成していきたいんやったら、FXはオススメはせえへんな。他にもっと勝率の高い投資はあるからな。

高寺徹のメールマガジン

情弱への義
お名前
メールアドレス

関連記事

投資をはじめたいけど、どこに投資すればお金が増えるのかがわからない!って人がまず知るべきこと
自己投資とは何か。人生をより良く生きるためのおすすめのお金の使い方
投資法人?不動産REITの仕組みを簡単に説明してみた
noimage
投資信託とは何か、わかりやすく説明!ファンドやETFとの違いは?