高寺徹 公式ブログ

おまえもやれる!普通にやれるよ!

高寺徹自己紹介

【初心者向け】ネットビジネスは何から始めるのがよいのか【種類を解説】

うす、高寺です(Twitterフォロー歓迎です)。

「今は、インターネットを使って稼ぐ時代」ってのは理解してるけども、具体的にどうやって稼ぐのか、その始め方がわからない!という人は多いはず。

ネットビジネスつっても、種類がめちゃくちゃ多いし、ワケわからんよな。

そこで今回の記事では、ネットビジネスの種類についてと何から始めたらいいのかについて、書いてくわな。

 

結論を先に言えば、まずはブログから始めるのがオススメや。

なぜなら、PCに文字を打ち込むのはだいたいの人が出来るやろし、その意味で始めるのに難易度が低いと思うからや。

俺が主宰してるオンライン講座の会員さんも、それまでまったくネットビジネスで稼いだことがない、専門知識や経験値ゼロスタートでも老若男女問わず、月5万、10万円、30万円(稼いでる人はそれ以上)と、ブログで稼いでるしな。

 

ってわけで、以下書いていくで。

 

ブログで稼ぐ

日本語が読めて、PCでWordを使える程度のスキルがあれば稼げる可能性があるのがブログ。

俺がインターネットを使って初めて稼げるようになったんが、ブログやねんな。

俺のメルマガでも紹介してる通り、今でもしっかり稼いでくれてるしオススメしたいねんけども、「ブログで稼ぐ」といってもやり方、組み合わせは様々や。

ブログを使って稼ぐ方法としては、

  1. Googleアドセンス広告
  2. 成約型アフィリエイト広告
  3. 独自コンテンツ販売
  4. 独自広告

おおむね、この4つやな。

ブログは記事を投入していって一度構築してしまえば、その後もずっと収益をもたらしてくれる資産型ビジネスやから、やりがいあるで。

 

参考記事⇒ ブログ収益化までにかかる期間

 

Googleアドセンス広告

アクセスが集まるブログ記事を作成して、「Googleアドセンス」と呼ばれるクリック報酬型広告を記事に貼り付けて、広告収入を得る方法やな。

広告1クリックあたりの報酬が安いから、いかに大量のアクセスが集まる記事を作成できるかがカギ。

 

成約型アフィリエイト広告

これは、Googleアドセンス広告のように、記事を見に来てくれたユーザーに広告をクリックしてもらうだけでなく、広告をクリックして実際に商品を買ってもらって初めて、紹介報酬を得るビジネスモデルや。

単純に、ブログへアクセスを集めるだけじゃなく、実際に商品を購入してもらわないと報酬にならへんから、その分ハードルは高いな。

いかに、購入意欲をかきたてる記事を書けるかどうか、購買意欲が高いキーワードで検索エンジン上で上位表示をとるかが稼げるかどうかのカギを握るで。

 

独自コンテンツ販売

アフィリエイトじゃなく、自分で用意した商品を販売する方法やな。何かしら、ユーザーがお金を払ってでも解決したい!だったり、知りたい!と思うような情報を提供して稼ぐ方法や。

自分の知識や経験が武器になるで。

例えば、ダイエットノウハウや筋トレノウハウ、英会話ノウハウ、投資ノウハウとかとか、なんらかのノウハウを売るのが典型的や。

初期投資や原価をかけることなくできるセミナー講師業や教材販売、オンラインサロンや塾といったコミュニティ運営、コンサルティング業がテッパンの独自コンテンツやな。

 

それ以外にも例えば、自身が整体院や美容院といった実店舗を経営していて「ネット集客を図りたい」といった時にも、ブログはうまく機能する可能性が高い。

ヨガ教室やパーソナルトレーニング教室なんかも、独自コンテンツの領域やな。

 

独自広告

ブログにアクセスが集まるようになると、個人や企業に対して、「弊社のブログには月間○○万PVのアクセス数があります。御社の△△の販売促進に寄与すると思われますが、御社の独自広告を貼りませんか?」と営業をかけて、月30万円の独自広告枠を販売して収益を得ることも可能やで。

【関連記事】⇒ 実際に、ブログで収益化させるまでの期間はどれくらいかかる?

 

自己アフィリエイト・セルフバックで稼ぐ

ポイントサイトやASPと呼ばれる、いろんな案件が掲載されてるサイトで稼ぐ方法やな。

ひとつの案件につき、一人あたり一度しか実行不可能なのがデメリットやけども、日々案件が追加されてるし、まったくのノーリスクでまったくのゼロからお金を稼ぐ方法やで。

しかも、数千数万ぽっちの小遣い稼ぎじゃなく数十万円単位でお金を得ることも十分可能やから、しっかりやっておくことをオススメするで。

家族がいる人は、家族全員分実行したらかなりデカいな。

 

自己アフィリエイトのやり方については、コレを見てくれたら動画付きで説明してるからわかりやすいと思うわ。

 

YouTubeで稼ぐ

競合リサーチをして、ウケるコンセプトのもとYouTubeちゃんねるを立ち上げて、再生回数が回る動画を作成して、YouTubeアドセンス広告収入を得て稼ぐ方法もあるで。

ちゃんねる登録者数が増えて、ちゃんねる影響力が上がれば、企業から案件をもらうことで稼ぐことも可能やな。

 

Instagramで稼ぐ

こちらも、ウケるアカウントコンセプトをつくるのが肝。

フォロワーが集まるような人気投稿を繰り返す必要があるな。影響力が高まってくれば、企業案件で稼いだり、商品アフィリエイトで稼ぐのが一般的な稼ぎ方やな。

 

受託業務

次に、受託業務やな。いわゆる、クライアントワークや。

なんらかのスキルを身に着けて、例えば、動画編集業務やウェブライティング業務、ウェブデザイン業務を引き受けて、納品。委託料金をもらう。って稼ぎ方やな。

今やったら、クラウドワークスランサーズココナラといったように、ビジネスマッチングサイトはいくらでもあるから、登録して仕事を引き受ければ、誰でも始められるで。

もちろん、ブログから依頼主を集客して仕事を受託するのもアリ。マッチングサイトを利用すると、どうしても使用手数料をプラットフォーム側に支払わなあかんしな。

 

ただし、ずっと働き続ける労働集約型ビジネスになりがちやから、体力勝負やな。

だから多くの場合、動画編集講座(教材を含む)やったらライティング講座(教材を含む)って形でコンテンツ化、商品サービス化してるケースが多いな。

 

せどり・転売

Amazon、メルカリ、ヤフオク、ebayといったプラットフォームが充実してるおかげで、誰でも気軽に出品して転売益を出せるようになったよな。

  • 利益を発生させられる商品
  • 仕入れルート
  • 仕入れ資金

を確保することが、収益を出し続けるうえで肝やな。

 

その他、インターネットを使った稼ぎ方

今はいろんなプラットフォームがあってな。今すぐ在宅で稼げる手段がいっぱいあるから、自分の状況に照らし合わせたところで、取り組んでみようと思うものがあれば、ぜひやってみてな。

 

愚痴を聞いて稼ぐ

https://www.cocotomo-phone.com/

 

モーニングコールをして稼ぐ

Area Friends

 

自分のスキルを時間売りする

タイムチケット

 

自分の髪の毛を売る(女性限定)

tamtam

 

誰かの「めんどくさい」を代行して稼ぐ

ANYTIMES

シューマツワーカー]

シュフティ

ワンアンドオンリーホームサービス

 

マッチングサイトでつながって稼ぐ

KAIKOKU

キャリアフライト

 

在宅コールセンターで稼ぐ

コールシェア

 

その他、副業

YOSOMON

 

まとめ

ここまで見てもらえたらわかる通り、ネットビジネスで稼ぐためには、「スキル」が必要やねんな。

・ブログやInstagram、YouTubeにアクセスを集めるスキル
・商品サービスを販売するセールススキル
・クライアントの意図を汲み取った動画編集スキル
・売れるウェブサイト作成、編集スキル

といったように。

 

だから、ネットビジネスを始めたいと思ったら、スキルを勉強する必要があるねん。

どのスキルから勉強し始めるかは人それぞれの判断やな。

個人的な意見を述べると、冒頭でも伝えた通り、過去10年近くこの業界にたずさわってきて、もっとも稼ぐ再現性が高いのはブログやな。

 

もちろん、↑で紹介したクラウドワークスには「データ入力」や「文字起こし」といった特にスキルがなくても稼げる案件はあるけども、それやと、どうしても時間単価が低くなりがちや。

なぜなら、誰でもできるから。

もっと安くで仕事を引き受けてくれるほかの人材にとって替えられてしまわんように、なるべく希少性が高い人材になるためにスキルを蓄えて、実績をつけていくことが大切やで。

とはいえ一朝一夕では上達せえへんし、コツコツ積み重ねていくことが大事やな。

 

参考記事 ⇒ 実績0のサラリーマンが経済的自由を手に入れるまでの動き方の順番

高寺徹のメールマガジン

情弱への義
お名前
メールアドレス

関連記事

noimage
アドセンス審査が通らない原因と対策。合格の基準は何?
noimage
毎日コツコツネットで稼ぐなら「ブログ」がオススメ!
noimage
ブログの収益化までにかかる期間は?その仕組み・方法別に解説!
noimage
【実態暴露】ネットビジネスで稼ぐためにコンサルはいらないのか。